埼玉観光するならハズせない!観光名所ランキングBEST20

更新日: 2016年12月5日

さん

埼玉といえば、東京から近くのベッドタウン、という位置だけではありません。近場なのに自然があり歴史建築があり、都心とは違った文化があります。ということでここでは埼玉の人気、穴場の観光おすすめスポットを20選をご紹介いたします。

189

どこかに行きたいけれど、あんまり遠くに行きたくない、そんな都心にお住いの方にぴったりのスポットが埼玉です。都心からわずか1時間距離でありながら自然や絶景が楽しめる、そんな魅惑的な観光名所がたくさんあります。では、そんな埼玉の魅力的な定番、穴場の人気観光名所を20選ご紹介しましょう。

1.スリルが楽しめる 長瀞ラインくだり

埼玉で一番人気の観光スポットといえば、長瀞ラインくだりでしょう。自然が作り出したダイナミックな岩肌や瀬を眺めながら、表情を変えつつ渡っていく舟。蛇行する緩急の流れに身を任せながらまさに自然の中からその景観を目で楽しむことができるアトラクションです。季節によってその様相を変える景観と流れは自然が生み出した美しさであり人の心を和ませてくれます。若い船頭さんからベテラン船頭さんが巧みに竿をさばきながら、ガイドしてくれるこの 長瀞ラインくだり、おすすめの観光スポットです。特に休みの期間、4月~5月のGWや7月、8月の夏休み、9月の大型連休などは混雑が予想されますので、HPで確認してください。

【住所】〒369-1305 埼玉県秩父郡長瀞町長瀞489-2
【電話】0494-66-0950
【営業期間】3月上旬~12月上旬
【受付時間】9:00~16:00
【交通アクセス】
車では、関越自動車道 練馬IC.から花園IC.まで約50分、国道140号で約30分
都心から国道17号を経由し熊谷へ
熊谷から国道140号経由で約45分

電車では、池袋から西武池袋線(特急)で西武秩父まで約80分
西武秩父駅から秩父鉄道(お花畑駅)まで徒歩10分、秩父鉄道(お花畑駅)に乗換えて約20分
池袋から東武東上線で寄居まで約80分
秩父鉄道に乗換えて約20分
上野から高崎線で熊谷まで約60分
秩父鉄道に乗換えて50分

駐車場あり
【HP】http://www.chichibu-railway.co.jp/line/

2.関東最強パワースポット!本気で厄除け 三峯神社

三峯神社、実はスピリチュアル関係の人なら必ずその名を知らない人はいない埼玉が誇る関東最強のパワースポットです。ご祭神はイザナギノミコトとイザナミのミコトです。ご利益は「厄除け」「所難除け」。狛犬はおおかみさんです。おおかみさんは神様のご眷属ですから何となくもののけ姫を彷彿とさせ、神社も優しさよりも厳しさを感じる場と言われており、体調の良い時におすすめとも言われています。ですが、そのご利益は絶大で「厄払いをしてから悪いものが来なくなったし自分の悪いものもなくなった」という方や事業が成功した人、就職できた人など。特に最近は毎月1日に領付される気のお守りが有名です。このお守りを求めて関東一円から集まり、1日には大混雑するとのこと。また、こちらには厄除けのお札がありますが、裏のお札の貸し出しというものがあり、1年貸し出しで必ず返さなくてはいけないものですが厄除けに絶大の力があるそうです。例えば「ある会社の社長が会社の物がよくなくなるので三峯神社さんの裏のお札をお借りしたら、息子がお札の箱を見てがたがた震えていた(つまり息子さんが犯人だった)」とか、お札をいただいた日は絶対に振り返ってはいけないなどルールがあるとか。軽々しく拝借できるものではありませんし、ルールを怠ると大変なことになりますが、ずっと運気が下がり続けてもうこれ以上無理、絶対に運気を変えてやり直したいという不屈の精神を持つ方には一度三峯神社にご参拝されることをおすすめいたします。(気弱な方には厳しい神様なので)また、縁結びの木もあるので「ぜひ縁結びを」と言う方にも効果があるとか。絶大な人気で観光名所となっていますが、参拝されるときはあらかじめ心して尋ねられることをおすすめいたします。また、こちらには龍洞という古い池がありますが、こちらで汲まれた水のコーヒーが飲めるところもあるので、ぜひ運気アップを望まれる方はお試しください。
【住所】〒369-1902 埼玉県秩父市三峰298-1
【電話】0494-55-0241
【参拝受付時間】7:00~16:00
【交通アクセス】電車 池袋から西武鉄道・特急レッドアローで西武秩父駅まで1時間20分
→西武観光バスに乗車→三峰口駅(秩父鉄道)を経由
→山頂駐車場まで約80分・平日3往復・土休日5往復運行
駐車場:平日24時間、金土8-18時(普通車,軽500円、バイク200円)
【HP】http://www.mitsuminejinja.or.jp/

3.神様のお使いが坐す 宝登山神社

埼玉の宝登山神社の御祭神は神武天皇、オオヤマツミ、ホムスビ。ご眷属は神様をお助けしたオオカミさんです。その昔、ヤマトタケルノミコトが賊に火矢を放たれ、一面火の海になったとき何匹もの狼が現れ、猛火に飛び込み火を消し助けたそうです。ヤマトタケルノミコトはこれは神犬に違いないと山頂に狼を祀りました。また、火を止めたということで「火止(ほど)山」と呼ばれ、「宝登山(ほどやま)」となったと言われています。こちらも霊験あらたかで厄除けと火災盗難よけ、諸難よけの守護神としての御神徳が高く、関東一円からの参拝者は年間100万余とのことです。こちらは奥ノ院がパワースポットと言われ、ぜひ時間があれば山頂の奥宮にご参拝ください。こちらも三峯神社のようなご眷属貸出(裏のお札)がありますが、こちらには正眷属様の貸し出しがあるといいます。自営業者の方などが毎年お参りに来られるところなので、「本気」で厄除けを考えている方にしかおすすめできません。人気観光スポットです。

【住所】〒369-1305埼玉県秩父郡長瀞町長瀞1828
【電話】0494-66-0084
【HP】http://www.hodosan-jinja.or.jp/

4.空中遊覧を楽しめる 宝登山ロープウェイ

宝登山ロープウェイは、埼玉を誇る標高497メートルの宝登山の山頂駅までの全長832mを約5分間で結び、2台のゴンドラ(50名様乗り)が、山頂駅と山麓駅をつるべ式に往復する四線交走式システムで運転を行っています。わずか5分間ですが、ロープウェイから眺める景色はまさにおすすめの絶景ポイント。10月、11月などは紅葉が眼下に見え、紅葉シーズンには多くの観光客が訪れる人気の観光スポットです。

【住所】〒369-1305 埼玉県秩父郡長瀞町長瀞1766-1
【電話】0494-66-0258
【普通運賃】大人 片道480円 往復820円、小人(6歳以上)片道240円 往復410円
【交通アクセス】秩父鉄道 長瀞駅からシャトルバスで宝登山ロープウェイ山麓駅
車 R140(花園インターチェンジ出口)から約20キロ、R299(秩父市上野)から約13キロ
【HP】http://hodosan-ropeway.co.jp/

5.ひんやりした自然の神秘 橋立鍾乳洞

 

橋立鍾乳洞は秩父三十四箇所28番の石龍山橋立堂に隣接している埼玉県内でも唯一の観光洞です。洞内の3分の2以上が竪穴という大変珍しい鍾乳洞で、1936年(昭和11年)3月31日に埼玉県の天然記念物に指定されました。武甲山の西端の麓に位置し、長い間の雨水によって溶かされ、洞穴となった鍾乳洞であり「鍾乳石」「石筍」「石柱」があります。特に夏は涼しい自然のエアコン状態なので、夏休みにおすすめの観光名所となっています。サークルの仲間や友達同士でわいわいやりながら探検気分を味わうのに最適な場所です。

【住所】〒369-1872 埼玉県秩父市上影森675
【電話】0494-24-5399
【拝観時間】8:30~16:00 12月上旬~2月末日は休業
【拝観料】大人:200円 30名様以上団体割引あり、子供:子供:100円 30名様以上団体割引あり
【交通アクセス】秩父鉄道浦山口駅から徒歩で20分
【HP】http://xn--z0x37n.1epi.info/post_29.html

6.色んな絶景が楽しめる 秩父ミューズパーク

秩父ミューズパークは、埼玉県 秩父市および小鹿野町にまたがる地域にある、埼玉県営及び秩父市営の公園です。総合保養地域整備法リゾート法に基づき埼玉県、秩父市及び西武グループ西武グループにより作られた”リゾート” 施設で埼玉県人の憩いの場です。パーク内には公園有、博物館有り、お花畑有、風光明媚な山々や市街を眺めることもでき、カップルのデートにも子連れの方や若者同士でも楽しめるスポットです。こちらでは早朝の雲海、夜景、2月のバレンタインイベントや6~7月は蛍の夕べなどのイベントや絶景ポイントとして人気のおすすめ観光名所となっています。

【住所】〒368-0055 埼玉県秩父市田村
【交通アクセス】
バス:秩父ミューズパク循環バス「ぐるりん号」乗車 (乗車時間約20分)
※秩父駅・西武秩父駅どちらからも同じ「ぐるりん号」に乗車出来ます。(秩父駅を必ず経由します)
※秩父ミューズパーク南口限定ですが、西武秩父駅より小鹿野町営バスもご利用に慣れます
車:関越花園ICからR140号経由で約50分
【HP】http://www.muse-park.com/

189

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

muudの最新情報をお届けします!

このまとめのキュレーター

さん

まとめの内容について運営スタッフへ報告

MUUD[ムード]ムードのあるライフスタイルを。