【徹底ガイド】大分で必ず行くべきオススメ観光名所ランキングTOP40

更新日: 2016年10月10日

さん

大分は九州の東に位置する県で、4,500を超える源泉と毎分291,340Lの湧湯量を誇る日本一の温泉を主な観光資源としています。海の幸あり、城下町ありのおんせん県、大分を訪れたら立ち寄りたいおすすめの観光名所をご紹介します。

12783902_1705883169670932_211019612_n

大分県といえば全国的に知られているのが別府と湯布院ですよね。どちらも温泉観光地として有名ですが、大分の魅力はそれだけではありません。ゆたかな海山の自然に囲まれたグルメの宝庫として、また江戸時代の佇まいを残す城下町や、火山地帯ならではの景観など、見どころの多いおすすめの観光地なのです。

40.神楽女湖(かぐらめこ)

周囲を鶴見の山々に囲まれた神楽女湖(かぐらめこ)は、花菖蒲が見頃を迎える6月中旬から7月中旬がおすすめの観光スポットです。辺り一面を覆い尽くす80種類 1万5千株の花菖蒲のカーペットが、梅雨から初夏の大分を艶やかに彩ります。鑑賞会期間中は楽器演奏があり、お茶や神楽女だんごが無料で振る舞われますので、家族や友達同士で訪れてみてください。

神楽女湖(かぐらめこ)へのアクセス

【所在地】大分県別府市大字神楽女5106-1

【電話番号】0977-25-3601(志高湖管理事務所)

【交通アクセス】別府駅からバスで40分。

【公式サイト】http://www.visit-oita.jp/events/detail/1348/

 

39.竹田岡城跡(たけた おかじょうあと)

大分のシンボルともいえる岡城跡は、日本100名城の中でも特に伊予松山城、熊本城と並んで“日本三堅城”と称され、秀吉も絶賛したと伝えられるおすすめの観光名所です。二の丸跡で九重連山を背に佇む銅像は『荒城の月』で有名な郷土出身の作曲家・滝廉太郎。さくら名所100選にも選出された桜並木の下で、毎年4月に開かれる大名行列『岡城桜まつり』は、大分に春を告げる恒例イベントです。

竹田岡城跡へのアクセス

【所在地】大分県竹田市 竹田2761

【電話番号】0974-63-4807

【営業時間】【入場料】高校生以上300円 小中学生150円

【交通アクセス】JR豊肥本線『豊後竹田駅』より県道8号線で14分。

【公式サイト】https://www.city.taketa.oita.jp/okajou/

38.サンリオ キャラクターパーク『ハーモニーランド』

大分自動車道を降りるとすぐ見えてくる小さなお城は、女子や子供に大人気のキャラクター、キティちゃんやシナモンロールに会える“カワイイ観光スポット”『サンリオハーモニーランド』です。県下のイルミネーション・ランキングでいつもTOPのハーモニーランドは、小さい子連れやカップルのデートにもおすすめです。

 

サンリオハーモニーランドへのアクセス

【所在地】大分県速見郡日出町大字藤原5933(国道10号線沿)

【電話番号】0977-73-1111(営業時間内 )

【営業時間】通常9:00〜17:00(週末はイブニングチケットあり)

【入場料】パスポート2,900円・イブニングチケット1,500円(4歳以下無料)

※ 高校・大学・専門学校生が対象の学生割引あり。妊婦さんは50%オフ。

【定休日】8月中は無休

【交通アクセス】日出ICより国道10号線経由で2分。

【公式サイト】http://www.harmonyland.jp/welcome.html

 

37.別府公園

大分の代表的な観光地・別府に位置する『別府公園』は、一年を通して緑と花が溢れる総合都市公園です。おすすめは5月に見ごろを迎える藤棚と、静寂に包まれた竹林の散策。進駐軍によって植えられた日本最古のクリスマスツリーと称されるヒノキの巨木『チッカマウガツリー』は、12月になると美しいイルミネーションで飾られます。

 

別府公園へのアクセス

【所在地】大分県別府市大字野口原3018-1(駐車場あり 東360台、北100台)

【電話番号】0977-21-1111(別府市役所 公園緑地課)

【交通アクセス】JR別府駅より徒歩15分。

【公式サイト】

http://www.city.beppu.oita.jp/sisetu/kouen_tyuusyajyou/03kouen_03-01beppu.html

36.志高湖(しだかこ)

鶴見岳や由布岳などの山々に囲まれて佇む志高湖(しだかこ)は、大分の観光地としては古く昭和8年に開かれた海抜600mの高原にある小さな湖です。湖畔の芝生広場でお弁当を食べたら、白鳥が泳ぐ湖を一周する2kmの遊歩道を散策してみてください。懐かしい白鳥ボートにも乗れますよ。桜の季節や、夏のキャンプが特におすすめです。

 

志高湖へのアクセス

【所在地】大分県別府市大字志高4380-1

【電話番号】0977-25-3601

【交通アクセス】大分自動車道別府ICより10分。(駐車場300台)

【公式サイト】http://www.yado.co.jp/kankou/ooita/beppu/sidakako/sidakako.htm

35.大分県立美術館(OPAM)

 

他のどこにもない『大分スタイル』の美術館をコンセプトに、2014年11月竣工、翌年春にオープンした大分県立美術館は、豊かな自然に溶け込むようなガラス張りの外観や、別府特産の竹工芸のような中庭など、広々とした空間が居心地の良い美術館です。観光の合間にぜひ立ち寄ってみてください。

大分県立美術館(OPAM)へのアクセス

【所在地】大分市寿町2番1号

【電話番号】097-533-4500

【営業時間】10:00〜19:00

【定休日】無休

【入場料】コレクション展:一般300円 大学生・高校生200円

【交通アクセス】R大分駅府内中央口(北口)から徒歩15分。

【公式サイト】http://www.opam.jp/

34.小鹿田焼(おんたやき)の里

 

 

大分県日田市の北端に位置する高塚山の麓には、全国から観光客が訪れる小さな陶芸の集落『小鹿田(おんた)』があります。1705年から一子相伝で続く伝統の技法は、平成7年(1995)に国指定の重要無形文化財となりました。登り窯や水車で動く唐臼が情緒たっぷりのおすすめスポットです。10軒の窯元を巡ってお気に入りの器を選んでみませんか?

 

 

小鹿田焼の里へのアクセス

【所在地】大分県日田市源栄町皿山

【電話番号】0973-23-3111

【交通アクセス】JR九州・久大本線日田駅より車で30分。

【公式サイト】http://www.oidehita.com/304.html

 

33.臼杵二王座(うすき におうざ)

 

狭い石畳の路地を挟んで重厚な石垣と武家屋敷が連なる臼杵市の二王座は、キリシタン大名・大友宗麟が築城した臼杵城下で栄えた観光名所です。おすすめは全国の竹灯篭祭りの先駆けともいわれる毎年11月恒例の『うすき竹宵』。秋の夜長に着物姿でそぞろ歩く若者たちが風情たっぷりの、大分を代表するイベントです。

臼杵二王座へのアクセス

【所在地】大分県臼杵市大字二王座

【電話番号】0972-64-7130(臼杵市観光情報協会)

【交通アクセス】日豊本線JR臼杵駅より徒歩10分。

【関連サイト】http://www.usuki-kanko.com/?page_id=24

1 2 3 4 5
12783902_1705883169670932_211019612_n

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

muudの最新情報をお届けします!

このまとめのキュレーター

さん

まとめの内容について運営スタッフへ報告

さん

大分観光のまとめランキング

Sorry. No data so far.

MUUD[ムード]ムードのあるライフスタイルを。