【決定版】新潟「長岡エリア」おすすめ観光名所ランキングBEST20

更新日: 2016年12月7日

さん

新潟の長岡エリアは、山本五十六をはじめ偉人を多く輩出する、その進取の気質と垣根を作らない庶民性が魅力です。海と山の観光資源に恵まれた、温かい人々にふれる観光名所のご紹介です。長岡エリアのおすすめランキングBEST20です。

12940224_1693237670938065_271781050_n

長岡エリアは新潟の観光名所を凝縮したような多彩な観光スポット持っています。新潟随一のパワースポットと言われる弥彦山や即身仏で知られる西生寺、山本五十六や河井継之助を輩出した人間味あふれる土地柄と記念館があり、寺泊の海岸には魚市場や水族館が観光客に人気です。山里には禅僧良寛の名をとどめる道の駅や子連れに人気のアルパカ牧場があります。長岡市の中心部には官民一体のアオーレ長岡がありさまざまなイベントで、元気な長岡のシンボルとなっています。そんな長岡エリアの観光名所をご紹介する、ランキングBEST20です。

第20位 道の駅 良寛の里わしま

生涯、寺を持たず説法もせず、自らの質素な生き方を示すことで、わかりやすい仏法を説いた、禅僧良寛の名を冠した道の駅です。童話の世界で語られる良寛が晩年の6年間を過ごした場所がこの和島(わしま)です。歌人であり書家でもあった良寛が貞心尼に出会い、二人の交流が相聞歌に残された良寛美術館はおすすめです。また希少なガンジー牛のソフトクリームは、道の駅の一番人気です。良寛の人柄がピッタリくる長岡の観光名所です。

【基本情報】
【名称】:道の駅 良寛の里わしま
【住所】:〒949-4525 新潟県長岡市島崎5551番地
【電話】:0258-41-8110
【営業時間】:特産販売 9:00~17:00 食堂 10:00~15:00
【定休日】:地域交流センター(もてなし家) 第1月曜日 食堂 火曜 第1月曜(祝日の場合は開館)
【開館時間】:良寛の里美術館・菊盛記念美術館 9:00~17:00
【休館日】:年末年始のみ(12月29日~1月3日)
【アクセス】:JR越後線小島谷駅より車で7分 北陸自動車道西山ICより車で20分
【公式HP】:http://www.niigata-kankou.or.jp/sys/data?page-id=7012

第19位 牛の角突き 山古志闘牛場

牛の角突きと呼ばれる長岡の闘牛です。スペインの闘牛のような凄惨なものではありません。古来、棚田の農作業を支える貴重な労働力として、家族同様に暮らしてきた牛の相撲大会のようなものでしょうか。勢子と呼ばれる人たちのサポートで、5月から11月初旬の休日に行われます。1トン近い牛の角がぶつかる音が聞こえ、間近で見る闘牛は迫力があります。山村の暮らしの中から生まれた伝統行事と山里を体験できる観光名所です。

【基本情報】
【名称】:牛の角突き 山古志闘牛場
【住所】:〒947-0202 新潟県長岡市山古志南平乙986
【電話】:0258-59-3933(山古志闘牛会)
【開催日】:5月から11月の日曜・祝日(詳しくは公式を確認ください)
【開催時間】:開場10時 開始13時
【観覧料】:一人2000円 (保護者同伴の小学生以下は無料)
【アクセス】:関越自動車道小千谷ICから約25分 北陸自動車道新潟中央ICから約60分
【公式HP】:http://www.city.nagaoka.niigata.jp/kankou/miru/tougyu/

第18位 江口だんご本店

長岡市の郊外にある古民家風のだんご屋さんです。串だんご五種と抹茶のセットが人気ですが、パフェやかき氷、ランチメニューもあり、地元や立ち寄りの観光客で、いつもいっぱいです。串だんご作りの体験コーナーもあり、夏休みの自由研究には最適の手軽さと楽しさがあります。建て屋の中庭には、日本国歌の「さざれ石」が説明つきで置かれています。苔のむすまで何度も訪れたい子連れや女子旅におすすめの観光名所です。

【基本情報】
【名称】:江口だんご本店
【住所】:〒940-2043 新潟県長岡市宮本東方町52-1
【電話】:0258-47-4105
【営業時間】:9:00~18:30
【定休日】:元旦のみ
【アクセス】:関越道長岡ICから国道8号経由10分
【公式HP】:http://www.e-dango.com/

第17位 きんぱちの湯

長岡市寺泊の日帰り入浴施設です。毎日運ばれるミネラル豊富な海洋深層水の風呂と寺泊の海の幸が楽しめる、子連れや若者にも人気の立ち寄りスポットです。寺泊の魚の市場通りや隣接する水族館で遊んだあとの休憩に最適の立地です。露天風呂からは日本海の絶景がのぞめ、食事や休憩室もあり、宿泊も可能な、小さな子供連れでも安心して過ごせるおすすめの観光スポットです。

【基本情報】
【住所】:〒940-2502 新潟県長岡市寺泊松沢町(寺泊水族館隣)
【電話】:0258-75-5888
【営業時間】:10:00~21:00
【定休日】:無休
【利用料金】:10:00~17:00 大人500円 小人400円(GWなど繁忙期は700円) 17:00以降500円
【利用料金】:タオルセット150円 館内着衣150円
【アクセス】:JR越後線寺泊駅より車で約10分 関越自動車道中之島見附ICより車で25分
【公式HP】:http://www.kinpachi.co.jp/

第16位 高龍神社

シンプルに商売繁盛の神様です。県内外から多くの人が訪れる蓬平(よもぎひら)温泉の近くの高台にあります。118段の石段はかなりきつく、エレベーターも中腹まで利用できますが、多少の覚悟は必要です。龍神の導きにより傷を癒やした落ち武者伝説を数百年にわたって村人が信仰しています。龍神を御神体とする奥の院があり、龍神の使いの白蛇にからめたお供えセットに卵がついてくるのが楽しいです。難しく考えないで気楽にお参りすれば、良いことありそうな長岡のおすすめ観光名所です。

【基本情報】
【名称】:高龍神社(こうりゅうじんじゃ)
【住所】:〒940-1122 新潟県長岡市蓬平町1276
【電話】:0258-23-2020
【アクセス】:JR信越本線長岡駅よりバスで40分 関越自動車道長岡ICより車で30分
【その他】:祈祷や参拝については直接問い合わせください
【公式HP】:http://www.niigata-kankou.or.jp/sys/data?page-id=5888

第15位 山本五十六記念館

 

誰もが知る連合艦隊司令官、山本五十六の記念館です。欧米の軍事力に精通し、かの三国同盟に真っ向から反対しながらも、開戦の表舞台に立たされた戦争を、いかに勝つかではなく、いかに終わらせるかを考えた卓越した世界観の持ち主です。館内にはブーゲンビル島から回収、長岡に里帰りを果たした一式攻撃機の左翼部が展示されています。連合軍が恐れかつ崇敬した山本五十六の書簡が残る魅力あふれる場所です。安全な場所から戦争反対を叫ぶのは容易いことですが、春や冬休みを利用して大学生や若者にも訪ねて欲しいおすすめの観光スポットです。

【基本情報】
【名称】:山本五十六記念館
【住所】:〒940-0056 新潟県長岡市呉服町1丁目4-1
【電話】:0258-37-8001
【開館時間】:10:00~17:00
【休館日】:12月28日~1月4日
【入館料】:大人(高校生以上)500円 小中学生200円(長岡市内小中学生は無料)
【アクセス】:JR長岡駅より徒歩15分 北陸・関越自動車道長岡ICより車で15分
【公式HP】:http://yamamoto-isoroku.com/

12940224_1693237670938065_271781050_n

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

muudの最新情報をお届けします!

このまとめのキュレーター

さん

まとめの内容について運営スタッフへ報告

さん

新潟観光のまとめランキング

Sorry. No data so far.

MUUD[ムード]ムードのあるライフスタイルを。