長野観光なら絶対ここ!おすすめ観光名所ランキングTOP30

更新日: 2016年10月9日

さん

長野県は松本市を中心に文化や歴史を深く刻む史跡や古刹を持ち、豊かな山岳資源は高原リゾートや温泉地であり、観光名所の宝庫です。国内外からも多くの観光客が訪れる、そんな長野の魅力にせまる人気スポットのご紹介です。

14031739_658879264289159_1078953984_n

長野は内陸でありながら北アルプスや諏訪湖など水資源と密接に関われる観光立県です。信州と言う響きに代表される上高地や軽井沢などの避暑地に、雲海や星空の絶景に出会う高原リゾートを持つ豊かで多彩な自然を持つエリアです。国宝松本城や善光寺は国内外の観光客が訪れる観光地であり、木曽路の宿場町には古い町並みが残されています。諏訪大社の偉容と花火のド迫力も秀逸です。なにより幸福度日本一の説得力を実感するおすすめの観光名所のご紹介、ランキングTOP30です。

第30位 諏訪湖間欠泉センター

昭和58年に温泉の採掘中に吹き出した間欠泉です。当時は高さ50メートルにおよぶ豪壮なもので、平成2年に間欠泉センターが作られました。その後自噴が止まり現在ではコンプレーサーにより、90分間隔で噴出させていますが3~5メートル程度です。イエローストーンと比較するものではありませんね。むしろ足湯や温泉たまご作りが子連れやカップルにおすすめです。資料館の3階の花火館には諏訪湖花火大会を彩る三尺玉の模型があって、こんなものを空に打ち上げる日本の花火技術に驚きます。無料の施設なので気軽に立ち寄りたい長野の観光スポットです。

【基本情報】
【名称】:諏訪湖間欠泉センター
【住所】:〒392-0027 長野県諏訪市湖岸通り2丁目208-90
【電話】:0266-52-8282
【営業時間】:9:00~18:00
【定休日】:通年営業
【利用料】:無料 温泉たまごなどは売店販売になります。
【アクセス】:中央自動車道諏訪ICから車で10分 JR中央本線上諏訪駅から徒歩10分
【公式HP】:http://www.city.suwa.lg.jp/www/info/detail.jsp?id=564

第29位 松本市時計博物館

本田親蔵氏により松本市に寄贈された和洋の古時計コレクションを広く公開展示する長野の博物館です。外壁のコーナーに日本最大の振り子時計が据えられた目をひく外観と、動くコレクションをテーマとする博物館らしく、所蔵600点の中から100点程度が常設展示され、時代を超えて時を刻んでいます。関連した蓄音機やSPレコードの鑑賞コーナーもあり、人と時間の関わりや技術の歴史を知ることができます。子供や若者にもおすすめの観光名所です。

【基本情報】
【名称】:松本市時計博物館
【住所】:〒390-0811 松本市中央1丁目21番15号
【電話】:0263-36-0969
【開館時間】:9:00~17:00(入館は16:30まで)
【休館日】:月曜日(祝日の場合翌日) 12月29日~1月3日
【入館料】:大人(高校生以上)300円 小人(小中学生)150円
【アクセス】:長野道松本ICから約15分 JR松本駅から徒歩10分
【公式HP】:http://youkoso.city.matsumoto.nagano.jp/wordpress_index-p_197-htm

第28位 石の教会 内村鑑三記念堂

オーガニック建築と呼ばれる自然を排除しない石の教会です。内村鑑三の無教会思想に基づく、形式や宗教など何にもとらわれない自由な結婚式と、石造りの回廊が評判の人気スポットです。大きな石板が重なり合うドーム状の外観と、ガラスから外光が差し込む美しい教会です。ヘルシンキの石の教会にも通じる荘厳な雰囲気が、長野を訪れる人々を魅了する必見の観光名所です。結婚予定の人だけでなく友達同士にもおすすめです。軽井沢に来たら立ち寄ってください。

【基本情報】
【名称】:石の教会 内村鑑三記念堂
【住所】:〒389-0195 長野県軽井沢町星野
【電話】:0267-45-2288
【見学時間】:9:00~18:00(教会内の見学は祝祭日を除く月曜日~木曜日)
【アクセス】:上信越自動車道碓氷軽井沢ICより20分 長野新幹線軽井沢駅より車で15分
【その他】:ホテルプレストンコートに隣接する教会です。
【公式HP】:http://www.stonechurch.jp/

第27位 奈良井宿

妻語宿と並ぶ中山道木曽路の宿場町です。出梁造(だしばりづくり)と呼ばれる二階の軒が張り出した町並みが1キロも続く長い宿場町です。統一された濃茶色の屋根の町並みは、まさに江戸時代にタイムスリップしたような錯覚をおぼえる異空間です。五平餅や手打ち蕎麦などの店が並ぶ中に人々の暮らしも存在する場所です。冬の2月初旬に行われるアイスキャンドルまつりは、各家が手作りのアイスキャンドルを軒先に並べる幻想的な夜となる人気イベントです。カップルや女子旅にもおすすめの、ぜひ訪ねたい長野の観光名所です。

【基本情報】
【名称】:奈良井宿(ならいじゅく)
【住所】:〒399-6303 長野県塩尻市奈良井
【電話】:0263-54-2001(新井宿観光協会)
【アクセス】:JR中央線奈良井駅下車徒歩5分 中央自動車道塩尻ICから車で35分
【公式HP】:http://www.naraijuku.com/

第26位 天竜峡

「天竜下ればしぶきに濡れる」のうたい文句で知られる飯田市の峡谷です。暴れ川と言われた天竜川が作り上げた奇岩と岩壁が人気のおすすめスポットです。紅葉の季節はもとより、夏にかけての新緑の渓谷美を見ながら、上流の激しい流れが特徴の天竜船下りと投網の魚に鳶がやって来る天竜ライン下りの2社が運営する船下りが観光客に人気です。天竜峡駅から徒歩10分のところには、長さ40メートルの吊り橋「つつじ橋」があり手軽に天竜峡の紅葉を楽しめます。冬のこたつ舟など一年を通して見所の多い長野の観光スポットです。

【基本情報】
【名称】:天竜峡
【住所】:〒399-2431 長野県飯田市川路4874-1
【電話】: 0265-27-2247(天竜ライン下り) 0265-24-3345(天竜舟下り)
【アクセス】: 三遠南信道路天龍峡ICから約5分 JR飯田線豊橋天竜峡駅から約10分
【公式HP】:http://www.tenryukyou.com/ 天竜峡温泉協会
【公式HP】:http://www.gokai-tenryu.com/staticpage20/ 天竜峡舟下り
【公式HP】:http://tenryuline.com/ 天竜ライン下り

第25位 湯田中・渋温泉郷

長野駅から特急で50分の湯田中駅から千曲川の支流の夜間瀬川沿いに、湯田中・渋温泉があります。開湯1300年の歴史を持つ一帯には70軒近い温泉宿が並び、さらに志賀高原をのぞむ山麓に野猿公苑で知られる地獄谷温泉があります。渋温泉の金具屋は「千と千尋の神隠し」のモデルと言われる斉月楼で知られ、湯田中温泉には桃山風呂のよろづや旅館があります。豊富な湯量と異なる泉質、温泉街散策も楽しい観光名所です。日帰り温泉や家族風呂も楽しめるおすすめの温泉地です。

【基本情報】
【名称】:湯田中・渋温泉郷
【住所】:〒381-0401 長野県下高井郡山ノ内町
【電話】:0269-33-2508(湯田中温泉観光協会) 0269-33-2921(渋温泉旅館組合)
【アクセス】:上信越自動車道中野ICから15分 長野電鉄湯田中駅から徒歩5~20分
【公式HP】:湯田中温泉 http://www.yudanaka-onsen.info/
公式HP】:渋温泉 http://www.shibuonsen.net/

14031739_658879264289159_1078953984_n

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

muudの最新情報をお届けします!

このまとめのキュレーター

さん

まとめの内容について運営スタッフへ報告

MUUD[ムード]ムードのあるライフスタイルを。