宮崎「延岡」で行くべき人気おすすめ観光スポットランキングTOP10

更新日: 2016年10月8日

さん

宮崎県延岡市(のべおかし)は、東九州に位置し、市内に五ヶ瀬川をはじめとする多くの河川を擁し、古く戦前より宮崎県屈指の工業地帯として栄えました。東部に日豊海岸国定公園、北西部には祖母傾国定公園が控える豊かな自然に囲まれた観光地です。

12354019_567434353412792_561521766_n

宮崎県の北部に位置する延岡市は、五ヶ瀬川によって育まれたこの土地は「北ひむか」と呼ばれ、豊かな水量と自然環境を利用した観光や工業が発展しています。“サランラップ”でお馴染み『旭化成』発祥の地として栄えた企業城下町で、戦前には県下最大の人口を有しました。そんな延岡市で人気のおすすめ観光名所ランキングTOP10をご紹介します。

10.延岡城跡

慶長8年(1603)築城の延岡城は、別名を『県城(あがたじょう)』とも呼ばれた堅城で、現在は城山公園として整備されています。二の丸に残る高さ22mの石垣は、石をひとつ外すと城壁が全部落ちて敵を倒すことができる仕組みらしく、『千人殺しの石垣』という物騒な異名をもつ観光名所です。春はお花見の名所で、桜が見ごろを迎える4月は特におすすめです。

延岡城跡へのアクセス

【所在地】延岡市東本小路2-1

【電話番号】0982-22-7022(延岡市役所 都市計画課)

【交通アクセス】東九州自動車道延岡ICから車で10分。(無料駐車場あり)

【公式サイト】http://nobekan.jp

9.道の駅 北川はゆま

 

宮崎県の北の玄関口『道の駅 北川はゆま』は、延岡市北川町の国道10号線沿いにレストランや観光物産館などを備えた施設です。子供たちに人気の巨大カラクリ時計は、10時から18時まで、一日に5回時を奏でるのでお見逃しなく!焼き立てがホクホク美味しいヤマメの塩焼きはクセが無く、淡泊なお味がおすすめの延岡ご当地グルメです。その他にも地元高校生とのコラボスイーツや延岡発祥のチキン南蛮など、地どれの素材を使用した料理・スイーツが充実していて、ぜひ家族連れ、友達同士で、またデートとしても訪れたいおすすめ観光スポットです。

道の駅 北川はゆまへのアクセス

【所在地】宮崎県延岡市北川町長井5751−1

【電話番号】0982-24-6006

【営業時間】(平日)物産館 8:30~18:00  カフェ・レストラン 9:00~17:30

【定休日】12月31日~1月1日

【交通アクセス】延岡市218号交差点より北へ約11km。

【公式サイト】http://kitagawa-hayuma.jp/

8.北浦天然牡蠣小屋(三洋水産)

延岡の豊かな海の幸がお目当てなら、その日に獲れた新鮮なカニや岩牡蠣を炭火焼きで味わえる観光スポット『北浦天然牡蠣小屋(三洋水産)』はいかがでしょうか。創業40年以上の老舗で、夏は真鯛を贅沢に使った宮崎名物「冷や汁」も絶品!春には「ワカメしゃぶしゃぶ鍋」、9月上旬から提供される「伊勢海老しゃぶしゃぶ」などオリジナルメニューが人気です。日豊リアスラインで数分の、環境庁『日本快水浴場百選』にも選出された下阿蘇ビーチもおすすめです。ぜひ家族旅行や友達同士で訪れてみてください。

北浦天然牡蠣小屋(三洋水産)へのアクセス

【所在地】宮崎県延岡市北浦町古江2949(阿蘇港)

【電話番号】0982-45-3600

【営業時間】11:00~17:00

【定休日】火曜

【交通アクセス】東九州自動車道『北浦IC』より国道388号経由で12分。

【公式サイト】http://siren-aso.com/

7.行縢山(むかばきやま)

延岡市の西部・可愛岳(えのたけ)から丹助(たんすけ)山に至る行縢(むかばき)山地の主峰・行縢山は、標高831mの山です。山頂が雄岳と雌岳の二つの岩峰からなっていて、行縢(昔の武士が狩猟、騎乗などに際し、腰部から脚部にかけて着用したもの)の形に似ていることに由来しています。途中にある落差77mの『行縢の滝』は、日本の滝100選にも選ばれた観光名所があり、水が絶壁を伝って流れ落ちる布引は、大和武(ヤマトタケル)も歌に詠んだのだとか。特に秋の紅葉が見頃を迎える11月頃がおすすめです。

行縢山(むかばきやま)へのアクセス

【所在地】宮崎県延岡市行縢町

【交通アクセス】行縢山:JR延岡駅から登山口まで車で約25分。行縢の滝:登山口から約60分

【公式サイト】http://www.city.nobeoka.miyazaki.jp

6.下阿蘇海水浴場

延岡市北浦町下阿蘇の“道の駅北浦”正面に広がる『下阿蘇海水浴場』は、環境省が定める快水浴場百選の『特選=九州No.1』に選定された美しいビーチです。宮崎県下で最も早い6月に海開きが行われ、沖に連なる島々が美しい日豊(にっぽう)海岸でも有数の観光名所です。内海は波が静かで子連れでも安心。北浜へと続く松林と美しい砂浜は、日南海岸最長の800mで、浜木綿村(はまゆうむら)公園・キャンプ場・自然塩工場など、施設も充実していて家族連れはもちろん、友達同士にもおすすめ観光スポットです。

 

下阿蘇海水浴場へのアクセス

【所在地】北浦町下阿蘇

【電話番号】(0982)45-4238(北浦町企画観光課)

【交通アクセス】JR延岡駅からバスで40分。東九州自動車道北浦ICから5分。

【公式サイト】http://www.gurunet-miyazaki.

1 2 3
12354019_567434353412792_561521766_n

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

muudの最新情報をお届けします!

このまとめのキュレーター

さん

まとめの内容について運営スタッフへ報告

さん

宮崎観光のまとめランキング

Sorry. No data so far.

MUUD[ムード]ムードのあるライフスタイルを。