定番から穴場まで!島根の人気おすすめ観光名所ランキングTOP30

更新日: 2016年10月21日

さん

島根といえば「出雲大社」を思い浮かべる方がほとんどだと思いますが、今回は有名な観光地もさることながら、あまり知られてはいないのですが行ってみてほしいスポットをご紹介したいと思います。

13549533_1034057493314268_788083978_n

島根は日本海側の山陰地方と呼ばれる地域で、山と海があり自然に恵まれているためか、パワースポットと呼ばれる場所が多く存在します。そのうえ、神社や古代遺跡も多く点在しているため厳かな雰囲気があります。その代表ともいえる「出雲大社」です。全国の神様が集まるということで有名な観光地でもあります。それから、世界遺産に登録されている「石見銀山」もおすすめの観光スポットです。今回はこのような有名どころもさることながら、穴場的なおすすめスポットもご紹介したいと思います。

1、出雲大社

島根県に来られた際には立ち寄っていただくことをおすすめしたい神社です。古代の書物「日本書記」では「杵築大社」と呼ばれていましたが、1871年に現在の「出雲大社(いづもおおやしろ)」に改名しました。2004年には国の重要文化財に指定されています。ここ「出雲大社」はパワースポットとしても有名になりましたが、他の神社と参拝方法が異なりますのでご注意ください。二拝四拍手一拝の作法を忘れないようにしましょう。それと、手を合わせる時は節と節を合わせて「節合わせ(不幸せ)」にならないように右手を少しずらします。ここは縁結びと福の神として有名ですので、老若男女問わずご利益があることを祈りましょう。島根県の観光名所ランキングでは1位として不動のものとなっています。

【住所】  〒699-0701 島根県出雲市大社町杵築東195
【電話】  0853-53-3100
【定休日】 年中無休
【営業時間】6:00~20:00
【入場料】 宝物殿 150円  彰古館 50円
【公式ホームページ】http://www.izumooyashiro.or.jp 

2、石見銀山

戦国時代の後期から江戸時代前期にかけて最盛期を迎えた島根県大分市にある石見銀山ですが、当時は世界の銀の3分の1を産出していました。明治以降は銀が枯渇したため、銅が採掘されるようになりました。1943年に完全に閉山となってしましましたが、2007年に環境を大切にしていた点が評価され、世界遺産に登録されました。これを機に観光客が増えてきました。現在は2つの坑道を見学することができます。龍源寺間保は通年で一般公開されていますが、大久保間保はツアー形式のうえ予約制です。早めのご予約をおすすめします。そして最も重要なことは、身支度です。炭鉱のため足場が悪いところがありますので、山歩きのような靴・服・装備が必要です。事前に情報を収集しておきましょう。坑道見学には、ある程度の体力が必要となりますので、自分の体調に合わせて計画を立てるようにしましょう。

【住所】 〒694-0305 島根県大田市大森町イ1597-3
【電話】 0854-89-0183
【定休日】 龍源寺間保:年末年始  
       大久保間保ツアー:3月~11月の月曜日から木曜日、12月から2月
                *ただし8/15は実施します。
【営業時間】 龍源寺間保:3月~11月 9:00~17:00、12月~2月 9:00~16:00
       大久保間保ツアー:9:30、10:30、12:15、13:15 (30分前集合、所要時間:1時間30分 各20名限定)
【料金】   龍源寺間保:大人 410円 子供 200円
       大久保間保ツアー:大人 4000円 小中学生 3000円
                  (入坑料・ガイド料・バス代等含む)
                *小学生未満は参加できません
【公式ホームページ】 http://ginzan.city.ohda.lg.jp/

3、しまね海洋館 アクアス

こちらは中四国最大級の島根県浜田市にある水族館です。4種類のペンギン、神話に登場するサメ、県魚でもあるトビウオなど1万点の海洋生物がご覧いただけるおすすめの観光スポットです。雨天でも屋内の展示が多い水族館は人気が高いのですが、ここしまね海洋館にはCMにも登場したこともあるシロイルカの「幸せのバブル」パフォーマンスがみられることでも有名になりました。小さな子供からカップルのデートコースとしても人気があるのも頷けます。高速道路のICからも近くJR波子駅からも徒歩圏内とアクセスの良さも魅力です。またキッズルームも開設しましたので、お子様連れの方も安心して楽しめるのもうれしいですね。

【住所】   〒697-0004 島根県浜田市久代町1117-2
【電話】   0855-28-3900
【休館日】  毎週火曜日(祝日の場合はその翌日)
       *ただし、GW,春休み、夏休み、冬休みは休まず開館いたします。
【入館料】  大人 1540円、小中高校生 510円
【公式ホームページ】 https://aquas.or.jp/

4、ローソク島

この島は、島根県の一部である壱岐諸島の一つで、約500万年前に噴出してできた火山岩の無人島です。海面から20メートルほど突き出た姿がろうそくに似ているのと、夕日が重なった姿が、ろうそくに火が灯ったように見えたため「ローソク島」といわれるようになりました。現在は大山隠岐国立公園の一部に指定されています。その雄大な姿は国内でも有名な自然が作り上げた奇跡の絶景スポットとして有名になりました。その貴重な瞬間をご覧いただくには、日没に合わせて出港されます遊覧船に乗船いただくのがおすすめです。定員がありますので、事前のご予約が必須です。しかし、遊覧船は天候と波の条件が合わなければ出港しませんので、4月~10月の間の台風の時期を外して観光の計画を立てていただくことをおすすめします。また、夕日が重なる姿は観ることはできませんが、船上からの眺めとは違った角度から楽しんでいただける展望台もありますので、いろんな姿の「ろうそく島」をご堪能ください。

【住所】 〒685-0000 島根県隠岐郡隠岐の島町
【電話】  08512-2-0787
【乗船料】中学生以上 2600円、小学生 1300円、小学生未満 無料
【乗船日】4月~10月
     *日没に合わせて出港します。
【公式ホームページ】 http://oki-dougo.info/data01/room/broom/see_boat_ro-soku.html

5、壇鏡の滝

那久川を水源とする滝で、日本の滝100選にも選ばれています。壇鏡神社の両側に落差40メートルの滝が2本あります。雄滝と雌滝と呼ばれ、雄滝は滝を裏から見ることができるので「裏見の滝」として有名です。滝の裏を見ることが出来る場所もあまりないので、子供連れから、友達同士、女子たちなどの若者もよく訪れます。無料でマイナスイオンをあびて心を清めることが出来るこの場所はおすすめです。水量の多い時期になるとより爽快な景観を堪能できるということもあり、パワースポットとして観光客にも人気があります。そして、近くの湧水は1985年に名水百選に選ばれたほどで「長寿の水」「勝者の水」「火難防止の水」として大切にされています。毎年9月1日に行われる八朔牛突大会が開かれるのですが、その土場をこの湧水で清めるのが習わしになっているそうです。春・夏・秋・冬とそれぞれの表情も島根県本土とは違う趣があり魅力的です。

【住所】 〒685-0103島根県隠岐郡隠岐の島町那久
【電話】 08512-6-2311
【公式ホームページ】http://www.e-oki.net/KankoDetail.aspx?id=94

6、足立美術館

島根県安来市にあります近代日本画を中心にした名作を展示している美術館です。特に130点もの横山大観と日本庭園が有名です。他には竹内栖鳳、橋本関雪、川合玉堂、上村松園らの日本がや北大路魯山人、河井寛次郎の陶芸、林義男、鈴木寿雄の童画、平櫛田中の木彫りなども展示されています。こちらの美術館を有名にしたのは、美術品だけではなく広い敷地に造られた日本庭園です。「枯山水庭」「白砂青松庭」「苔庭」「池庭」など6つに分かれていて、絵画のようにきれいな園内は海外でも高い評価を得ています。20015年のランキング1位にも輝いており、手入れの行き届いた景観に日々の喧騒から離れくつろげる空間を楽しんでいただける観光名所としてもおすすめです。近代美術を研究している大学生にはとっておきのスポットです。

【住所】  〒692-0064 島根県安来市古川町320
【電話】  0854-28-7111
【定休日】 年中無休 
      *新館のみ H28年4月26日、7月14日、10月20日・21日、11月14日・15日
       H29年2月2日が休館になります。
【開館時間】4月~9月;9:00~17:30  10月~3月;9:00~17:00
【入館料】 大人 2300円、大学生 1800円、高校生 1000円、小中学生 500円
      *公立学校が休校となる土曜日は小中高生は無料になります。
【公式ホームページ】https://www.adachi-museum.or.jp/ 

7、太鼓谷稲成神社

通称「津和野おいなりさん」と呼ばれています。1773年当時の藩主が城の鎮護と領民の安穏を願って京都の伏見稲荷を勧請したものですので、朱色の鳥居の連なる景観は京都を思い起こさせます。東北の竹駒稲荷、関東の笠間稲荷、近畿の伏見稲荷、九州の祐徳稲荷とともに日本五大稲荷の一つですが、唯一ここだけが願いが成就するようにとの願いを込めて「稲荷」を「稲成」と書きます。ここは開運厄除けの守護神として人気が高く、出雲大社に次ぐ参拝者を誇っています。特に2月の初午祭(2月初御午の日)と春の大祭(5月15日)、例祭(11月15日~16日)には全国から観光客も訪れ大変な賑わいを見せています。このような行事に合わせて旅行の計画を立てることをおすすめいたします。

【住所】  〒699-5605 島根県鹿足郡津和野町後田409
【電話】  0856-72-0219
【定休日】 年中無休
【拝観料】 無料
【公式ホームページ】http://taikodani.jp/

1 2 3 4 5
13549533_1034057493314268_788083978_n

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

muudの最新情報をお届けします!

このまとめのキュレーター

さん

まとめの内容について運営スタッフへ報告

さん

島根観光のまとめランキング

Sorry. No data so far.

MUUD[ムード]ムードのあるライフスタイルを。