【徹底ガイド】長崎で必ず行くべきオススメ観光名所ランキングTOP40

更新日: 2016年10月6日

さん

長崎県は言わずと知れた観光都市です。カステラやちゃんぽんなどのグルメ、教会などの歴史的施設、自然を満喫できるスポットなど見どころは尽きません!そんな長崎に来たら必ず行くべきおすすめ厳選観光スポットをランキング形式で40か所ご紹介します。

10949092_386909171501004_2041757268_n

言わずと知れた観光都市・長崎。グルメや歴史的・文化的施設、自然を満喫できるスポットなど、観光地が多様でいろいろな体験ができるのも魅力です。最近では人気アイドルグル―プのKis-My-Ft2が、JR九州と長崎県主催キャンペーンのイメージキャラクターとなったことでも話題になりました。そんな話題性もある長崎の必ず行くべきオススメ観光名所をランキング形式で40か所ご紹介します。

40位 れすとらん門

長崎観光において、グルメははずせません!佐世保エリアの定番グルメといえば、レモンステーキ。「れすとらん 門」は元祖レモンステーキの店として有名なお店です。薄切りのステーキ肉を熱く焼いた鉄板にのせ、醤油ベースのレモン風味ソースをからませてアツアツをいただきます。薄くスライスされたジューシーな牛肉とレモンの味はびっくりするほど合います!さっぱりとステーキを食べられるので、一般的なステーキが苦手な方にもおすすめです。最後に残ったソースにごはんを絡めていただくのが佐世保流の食べ方です。

【住所】〒857-0871  長崎県佐世保市本島町3-9 石飛ビル1F
【営業時間】月~日ランチ 11:30~13:30(L.O.13:30)、ディナー 17:30~21:00(L.O.21:00)
【定休日】無
【電話】0956-23-5117
【公式HP】http://r.gnavi.co.jp/f072201/

39位 大瀬崎灯台

九州本土最西端に位置する大瀬崎灯台は「九州本土で最後に夕陽が沈むところ」として知られています。展望台から望む白い灯台と東シナ海に沈む夕陽は言葉に表せないほどの美しい景色です。また、激しい風や波によってできた断崖絶壁の壮大な風景は圧巻で、映画「悪人」のクライマックスシーンの舞台となったことでも有名となりました。また9月、10月には灯台までの遊歩道に「シマシャジン」という小さな紫色の花が咲きます。五島でもこの花が見られるのはここだけですのでおすすめです。さらに12月31日には、その年の最後の夕陽を見る夕陽鑑賞会が行われます。長崎観光で五島を訪れる際には、ぜひこの大自然を味わってください。

【住所】853-0411 長崎県五島市玉之浦町玉之浦
【電話】0959-87-2211 玉之浦支所
【公式HP】http://navi.gotoshi.net/contents/detail/index.php?id=268

38位 福江島 高浜海水浴場

五島列島の福江島にあるこの高浜海水浴場。西の海上に嵯峨島を望み、新観光百選・日本の渚百選・日本の道百選・日本の水浴場88選の地です。遠浅の天然の海水浴場としては日本一の美しさだと言われています。緑に囲まれた白銀色の砂浜と、透明度抜群のエメラルドグリーンの海の美しさは他では見られません。海水浴場としての環境やビーチハウス等も整備されているのでおすすめです。お友達やご家族連れで、美しい海での海水浴に訪れてみませんか?

【住所】〒853-0604 長崎県五島市三井楽町貝津1054-1
【営業期間】平成28年7月16日〜8月28日(年によって異なります)9:00〜18:00
【電話】0959-84-3162 (五島市三井楽支所)
【公式HP】http://goto.nagasaki-tabinet.com/spot/682/

37位 猿岩

長崎県壱岐島、黒崎半島のさらに先端にある高さ45mの海蝕崖の玄武岩で、壱岐島誕生の神話による八本の柱のひとつです。その岩の形がそっぽを向いた猿にそっくりなことから有名になりました。自然にできた造形美と、石でできた細かい表情まで猿に似ていることに驚きます!ここを訪れる観光客のほとんどが、猿岩との写真撮影を楽しんでおり、壱岐の定番写真スポットとしておすすめです。駐車場脇には壱岐市のアンテナショップ「お猿のかご屋」もあります。

【住所】811-5103 長崎県壱岐市郷ノ浦町新田触870番地
【電話】0920-47-3700 (壱岐市観光連盟)
【公式HP】http://www.ikikankou.com/wp/?p=269

36位 梅月堂(ばいげつどう)本店

長崎スイーツと言えばカステラ!ですが、「シースクリーム」はあまり知られていないのではないでしょうか?実は長崎県民に愛されている長崎の定番スイーツです。黄桃とパインが乗ったショートケーキに、カスタードクリームがサンドされたケーキは、しっとりした素朴な味わいでおすすめです。「シースケーキ」とも呼ばれるこのケーキは、梅月堂が初めてつくったケーキです。シースクリームの他にも、ミルクセーキや寒ざらし、チリンチリンアイスなどの長崎にしかないスイーツはたくさんあります!ぜひ女子旅での観光の際にめぐってみてはいかがでしょうか?

【住所】〒850-0853 長崎県長崎市浜町7-3
【営業時間】10:00〜20:00
【電話】TEL:095-825-3228
【公式HP】http://baigetsudo.com/

35位 ツル茶ん

創業大正14(1925)年、九州最古の喫茶店がこの「ツル茶ん」です。この店でおすすめなのは、長崎名物「トルコライス」と「ミルクセーキ」です。トンカツ、ピラフ、スパゲティ、カレーなど、洋食メニューを1つのお皿に3つ以上盛り付けたワンプレート料理、それがトルコライスです。名前に「トルコ」と入っていますが、長崎生まれ、長崎育ちのグルメです。「ツル茶ん」では、組み合わせ様々なトルコライスがたくさんの種類の中から選べます。また、長崎で「ミルクセーキ」といえば、飲み物ではなく食べ物!シャリシャリとした食感のフローズンデザートです。長崎のグルメ観光には欠かせない定番スポットです。

【住所】長崎県長崎市油屋町2-47
【営業時間】9:00~22:00 (O.S.)
【定休日】無休
【電話】095-824-2679
【公式HP】http://blogs.yahoo.co.jp/mokunosuke59

34位 大野教会

西彼杵半島中部の外海地区は、出津(しつ)や黒崎などを中心に、禁教後も信仰を守る潜伏キリシタンが多くいました。1893年、その信徒のためにド・ロ神父が設計し、私財を投じて信徒とともにこの石造りの教会を建てました。現地の石を積み上げた独特の風合いのその外壁は、「ド・ロ壁」と呼ばれ、ド・ロ神父の建築技法が典型的に表れている教会として、2008年には国の重要文化財にも指定されました。山の中にひっそりた佇む小さな教会ですが、素朴な風情に心落ち着く穴場の教会です。長崎市内観光でぜひ訪れてほしいおすすめの教会のひとつです。

【住所】851-2427 長崎県長崎市下大野町2619
【見学受付時間】9:00~17:00/ 教会守 (地元信者の方) が火・木・土・日に駐在
(原則、内部は非公開となります)
【連絡先】※見学の場合は、以下のHPより事前連絡が必要です。
http://kyoukaigun.jp/reserve/list.php
【電話】095-823-7650(長崎の教会群インフォメーションセンター)
【公式HP】http://kyoukaigun.jp/visit/detail.php?id=9

1 2 3 4 5 6
10949092_386909171501004_2041757268_n

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

muudの最新情報をお届けします!

このまとめのキュレーター

さん

まとめの内容について運営スタッフへ報告

MUUD[ムード]ムードのあるライフスタイルを。