【決定版】高知観光でハズせない!人気おすすめスポット30選

更新日: 2016年10月6日

さん

高知と言えば坂本龍馬とよさこい祭りが知られますが、太平洋を望む黒潮海域を四国の中で独り占めする豊かな海洋資源と景勝地を忘れてはなりません。そんな奥深い魅力を持つ、高知観光でハズせない、おすすめスポットのご紹介です。

13721260_1171597059529365_174037252_n

近年よさこい祭りが全国展開するほどの人気となり、本家の高知の新しい魅力にも注目が集まります。交通機関の発達により、北の四国カルストから太平洋岸の足摺岬や室戸岬に足を運ぶ若者が増えています。太平洋を実感する黒潮の激しい流れと雄大な地平線、沖縄にも負けない奇跡の入り江があり、歴史を刻む深い森と古刹や史跡が点在する高知の魅力があります。坂本龍馬や中岡慎太郎、ジョン万次郎などの偉人を輩出した風土があり、その呼称を唯一許されたモネの庭や驚くほどのパフォーマンスで知られる牧野植物園があります。定番スポットからレアな観光名所までをご紹介する、高知観光のおすすめスポット30選です。

第30位 室戸ドルフィンセンター

高知県の室戸岬の手前、西海岸の「海の駅とろむ」に併設したイルカと触れあえる施設です。水族館ではなく、イルカを間近に見たり一緒に泳いだりできる体験プログラムが子連れや女子に人気です。水族館のイルカショーは見ても、これほど接近してイルカを体感できる機会は少ないと思います。動物介在療法と呼ばれる、発達障害者へのアニマルセラピーとしても注目を集めるおすすめスポットです。イルカの背びれにつかまって泳いでみませんか?

【基本情報】
【名称】:室戸ドルフィンセンター
【住所】:〒781-7101 高知県室戸市室戸岬町字鯨浜6810番地162
【電話】:0887-22-1245
【営業時間】:10:00~16:00 夏季営業7月20日~8月31日 7月・9月の土日祝日9:30~17:30
【休業日】:年中無休
【プログラム料金】:ハロードルフィン(見学) 大人435円 子供325円
【プログラム料金】:ドルフィンタッチ 大人760円 子供650円
【プログラム料金】: トレーナー体験 大人・子供2160円
【プログラム料金】:ドルフィンスイム大人8640円 子供5400円(ウエットシーツ他レンタル料込み)
【アクセス】:高知自動車道南国ICから約120分 高知龍馬空港から車で約90分
【公式HP】:http://www.muroto-dc.jp/index.html

第29位 やなせたかし記念館

いまさらご紹介することもないアンパンマンの作者、やなせたかしの父母の郷里であり、少年時代を過ごした高知県香美市にあるミュージアムです。2010年に亡くなるまでの幅広い創作活動や作品が紹介されています。漫画家であり絵本作家であり、番組構成や詩人、編集者などマルチな活動を通して、世界中を幸せにした功績は類を見ないほどのものです。じっくりアンパンマンと対峙すると、ほっとする安らぎが伝わる観光名所です。子供さんだけでなく若者やカップルにもおすすめです。

【基本情報】
【名称】:やなせたかし記念館
【住所】:〒781-4212 高知県香美市香北町美良布1224-2
【電話】:0887-59-2300
【開館時間】:9:00~17:00(入館は16:30まで) 7月20日から8月31日までは9:00開館
【休館日】:火曜日(祝日の場合その翌日)
【入館料】:一般700円 中高生500円 小人(3歳以上小学生)300円
【アクセス】:高知自動車道南国ICより約35分 JR土讃線土佐山田駅からバス約25分
【公式HP】:http://anpanman-museum.net/

第28位 ヴィラ・サントリーニ

高知県土佐市にある宿泊施設ですが、エーゲ海のサントリー二島をイメージしたホテルとして話題の多い観光スポットです。外観や内装にいたるすべてを本物に近づけた、まるでギリシャにいるような気分になれる快適空間です。「本物じゃない」とか渡航経験をひけらかしたがる御仁は無視して、パスポートいらずの日本でギリシャの雰囲気を楽しみましょう。むしろオーナーの思いのこもった、日本が誇るホスピタリティは、予約殺到のランチタイムにも上質なものを感じることができておすすめです。

【基本情報】
【名称】:ヴィラサントリーニ
【住所】:〒781-1165 高知県土佐市宇佐町竜599-6
【電話】:088-856-0007 (電話での問い合わせ・予約) 9:00~21:00
【チェックIN OUT】:チェックイン 午後3時 チェックアウト 午前11:00
【その他】:全室禁煙 小学生以下の子供さんのご利用はできません
【アクセス】:土佐ICから車で約20分
【公式HP】:http://www.villa-santorini.com/index.html

第27位  大樽の滝

土佐市の北西の山中、横倉山県立自然公園の中にある落差34メートルの高知県屈指の名瀑です。夏は新緑と涼を求めて、秋は一面の紅葉と豪快な滝音だけの癒やしスポットです。細い山道の先に駐車場があり、約15分の散策路はマイナスイオンたっぷりの森林浴を楽しめます。日本の滝百選に選ばれた観光名所に滝ガールもやってきます。仁淀川の支流から期待できるのは、いわゆる「仁淀ブルー」と呼ばれる幻想的な青い滝です。気象条件に左右されますが、出会えるチャンスはあります。高知に来たら訪ねたいおすすめスポットです。

【基本情報】
【名称】:大樽の滝
【住所】:〒781-1306 高知県高岡郡越知町山室耕
【電話】:0889-26-1164
【アクセス】:高知市街から車で約60分
【公式HP】:http://www.ochi-kankou.jp/tourist/taki/

第26位 とさいぬパーク

高知観光の定番スポット、桂浜公園の中にある闘犬の施設です。興行日は限られていますが今でも伝統ある闘犬が行われています。横綱の土俵入りが見学できて、子犬とのふれあいが子供さんにおすすめです。闘犬の激しさは闘牛や闘鶏など、日本だけでなく古代コロセウムに代表される闘技場の歴史に通じるものです。犬の持つ人間に対する従順性と本能的な闘争心の両面を知る事ができます。併設の博物館にも忘れず立ち寄ってください。

【基本情報】
【名称】:とさいぬパーク
【住所】:〒781-0262 高知県高知市浦戸6
【電話】:050-3033-3166
【営業時間】:施設9:00~16:00 売店 8:30~18:00
【休業日】:年中無休
【利用料金】:横綱土俵入り 子犬ふれあいツアー 大人600円 中高生500円 小学生 400円
【アクセス】:高知道高知ICから40分 はりまや橋からバス30分
【公式HP】:http://www.tosa.or.jp/

第25位 高知県立美術館

高知駅の東を流れる国分川の中州にある、マリク・シャガールのコレクションで知られる美術館です。白い土佐漆喰の土蔵のような外観とホール・能楽堂を持つ充実した設備をもつ施設です。企画展では草間弥生や篠山紀信などの巨匠作品から、マリメッコ展やトリックアート、高知の郷土文化展にいたる、さまざまな企画展開が人気です。子連れにうれしい託児所とミュージアムショップにレストランがあり、ゆったり過ごせるおすすめの観光名所です。

【基本情報】
【名称】:高知県立美術館
【住所】:〒781-8123 高知県高知市高須353-2
【電話】:088-866-8000
【開館時間】:9:00~17:00(入館は16:30まで)
【休館日】:年中無休
【観覧料】:コレクション展(シャガール展と共通料金) 一般360円 大学生250円 高校生以下無料
【アクセス】:はりまや橋から路面電車15分 高知自動車道南国インターから15分
【公式HP】:http://kochi-bunkazaidan.or.jp/〜museum/index.html

第24位 野良時計

高知県安芸市に広がる、のどかな田園地帯にある「やぐら塔三面」の時計台です。地主の息子であった畠中源馬氏が、当時のアメリカ製八角柱時計を参考にすべてを手作りで完成させた名物時計です。現在も血縁の方が住まれているので、中は見学できませんが、明治時代に太陽暦による定時法に移行したばかりの当時としては画期的なものでした。夏にはひまわりが一面に咲く美しい田園風景がおすすめです。岩崎弥太郎の生家や少し足を延ばせば、北川村のモネの庭があり、のんびり時間を過ごせる観光スポットです。

【基本情報】
【名称】:野良時計
【住所】:〒784-0042 安芸市土居638-4
【電話】:0887-34-8344
【アクセス】:土佐くろしお鉄道安芸駅から車で5分 高知自動車道南国ICから車約60分
【公式HP】:https://www.attaka.or.jp/kanko/dtl.php?ID=206

1 2 3 4 5
13721260_1171597059529365_174037252_n

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

muudの最新情報をお届けします!

このまとめのキュレーター

さん

まとめの内容について運営スタッフへ報告

さん

MUUD[ムード]ムードのあるライフスタイルを。