数々の名所!山口「下関」の定番おすすめ観光スポットBEST20

更新日: 2016年10月6日

さん

山口の下関市は関門橋の海峡エリアに名所ががひしめく有数の観光都市です。都市機能の充実した市街と周辺には長州藩の歴史を記憶する史跡や名刹があります。傑出した人材を多く輩出したことでも知られる下関のおすすめスポットをご紹介します。

14063421_329111314097122_1824921815_n

下関と言えばふぐの水揚げで知られますが、長州藩の幕末の歴史を色濃く残す史跡や古刹のある文化圏でもあります。人気スポットの角島も下関市のエリアですが、広域の山口エリアでご紹介することにして、下関市の中心街と東の長府エリアの観光情報をお伝えいたします。関門橋で知られる海峡エリアや長州毛利家の史跡や文化を残す城下町に、高杉晋作をはじめ多くの英傑を輩出したゆかりの地や名所をご紹介する、下関のおすすめスポット20選です。

第20位 みもすそ川公園

関門大橋の眼下、一番狭く流れの速い早鞆の瀬戸と言われる海峡沿いに整備された公園です。源平合戦の壇ノ浦の古戦場をのぞむ公園内には、源義経と平知盛の像があり、幕末に外国船に発砲したカノン砲のレプリカが5門が据えられています。幾多の時代の要害となった歴史の記憶がよみがえる下関の観光名所です。現在も多くの船が行き交う公園は、ライトアップされた関門橋が美しいデートスポットとしてもおすすめです。

【基本情報】
【名称】:みもすそ川公園
【住所】:〒751-0813 山口県下関市みもすそ川町1番
【電話】:083-231-1933
【アクセス】:JR下関駅からバス12分御裳川(みもすそがわ)下車すぐ
【公式HP】:http://www.kanmon.gr.jp/areamap/seen/hinoyama/h_05.php

第19位 下関市立美術館

狩野芳崖や香月泰男など下関出身の作品と国内外のアーティストの企画展で市民に親しまれる美術館です。目先にとらわれない落ち着いた展示と年間数回の収蔵コレクションの所蔵品展を開催しています。開館の基礎を作った地元の実業家の河村・横川両氏の寄贈コレクションが厚みのある展示内容で人気です。美術館めぐりの好きな人にはおすすめの場所です。山口を観光する立ち寄りスポットとして、ぜひ訪ねてください。

【基本情報】
【名称】:下関市立美術館
【住所】:〒752-0986 山口県下関市長府黒門東町1-1
【電話】:083-245-4131
【開館時間】:9:30~17:00(入館は16:30まで)
【休館日】:月曜日(祝日の場合開館) 年末年始 展示替えの臨時休業
【入館料】:大人200円 大学生100円 小中高生は無料(特別展・企画展等を除く)
【アクセス】:JR下関駅からバス20分 中国自動車道下関ICから車で16分
【公式HP】:http://www.kanmon.gr.jp/areamap/seen/hinoyama/h_05.php

第18位 和楽の湯

山口を訪ねる観光客にはありがたい、下関ICから3分の立地がうれしい立ち寄り温泉です。すべてが予定通りにならないのが旅の一面です。特に子連れや大人数での移動は疲れるものです。そんな時に一息つけるのが日帰り温泉です。下関の海峡エリアには水族館をはじめとする人気スポットが多くあります。どこかで休みたいと思ったら、休憩を兼ねた和楽の湯はおすすめです。家族風呂や食事もできるので、覚えておくだけで心にゆとりが持てます。

【基本情報】
【名称】:和楽の湯
【住所】:〒751-0820 山口県下関市新椋野一丁目2番15号
【電話】:083-229-4126
【営業時間】:10:00~24:00
【定休日】:不定休
【利用料】:平日 大人1250円 子供12才以下600円 土日祝 大人1450円 子供12才以下600円
【アクセス】:中国自動車道下関ICより車で約3分
【公式HP】:http://warakunoyu.jp/

第17位 巌流島

誰もが知ってる巌流島の名前。唐戸桟橋から船で10分で行ける手軽さが人気です。降り立った島はとてもシンプルで宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘シーンの像があり、当時の海岸を再現した人工の砂浜に武蔵が乗りつけた小舟が置かれています。何か記念館のようなものを期待した人には、退屈かもしれませんが、まぎれもなく400年前に、武蔵と小次郎が対峙した様子を想像すると、夢の広がる観光スポットです。船は門司地区にも行ける優れモノで、海峡の潮風と流れを体感できて退屈はしません。また8月13日の関門海峡花火大会では絶好の鑑賞スポットとしておすすめです。

【基本情報】
【名称】:巌流島
【住所】:〒750-0092 山口県下関市大字彦島字船島
【電話】:083-231-1350
【運航日】:毎日
【乗船料】:下関発着 関門汽船 往復 大人800円 小人400円
【アクセス】:JR下関駅からバス7分唐戸下車徒歩2分
【公式HP】:http://www.city.shimonoseki.yamaguchi.jp/kanko/ganryujima/

第16位 関門トンネル人道

旅先でみんなが試したくなるのが、高い所に遊覧船、そして洞窟探検ですが、こちらも興味をそそる関門海峡の下55メートルにある関門トンネル人道です。二階構造の上を一般国道の車が往来し、その下が歩いて門司まで行ける人道です。都市部の地下街と変わらぬ景色ですが、山口県と福岡県の境界線まで来ると、異常にテンションが上がってしまうものです。どうみても道路標示ですが、女子旅や若者が「こっちとあっち」みたいな旅の思い出を残す撮影スポットです。下関の海峡エリアには名物の紙芝居も姿を見せ、多様な切り口で楽しめるおすすめの観光名所です。

【基本情報】
【名称】:関門トンネル人道
【住所】:〒751-0813 下関市みもすそ川町~北九州市門司区門司
【電話】:083-231-1350
【通行可能時間】:6:00~22:00
【通行料】:歩行者無料 自転車・原付20円
【アクセス】:JR下関駅からバス12分 下関ICから車で10分
【公式HP】:http://www.kanmon.gr.jp/areamap/cross/c_02.php

第15位 乃木神社

下関市長府にある乃木神社です。長府藩士であり10才の時に過ごした旧家あとに作られた神社です。先に復元した記念館は現在、ゆかりの品や遺品を展示する宝物館になっています。全国に数カ所ある乃木神社ですが、乃木坂のような喧騒はなくとても静かです。境内には乃木希典、静子夫妻の像があり、明治天皇崩御に際し殉じた至誠の人生が記憶される場所です。価値観の変遷はあっても、むしろその夫婦愛に心打たれる人が多いのではないでしょうか。山口を観光で訪れたら忘れずに立ち寄りたいおすすめスポットです。

【基本情報】
【名称】:乃木神社
【住所】:〒752-0967 山口県下関市長府宮の内町3-8
【電話】:083-245-0252
【拝観時間】:(宝物館)6:00~17:00
【拝観料】:支納(入り口に筒があります)
【アクセス】:JR山陽本線長府駅からバスで10分 中国自動車道下関ICから車で20分
【公式HP】:http://www.oidemase.or.jp/tourism-information/spots/10470

1 2 3 4
14063421_329111314097122_1824921815_n

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

muudの最新情報をお届けします!

このまとめのキュレーター

さん

まとめの内容について運営スタッフへ報告

さん

下関観光のまとめランキング

Sorry. No data so far.

MUUD[ムード]ムードのあるライフスタイルを。