【決定版】熊本きたらココに行け!おすすめ観光名所ランキング厳選TOP40

更新日: 2016年10月10日

さん

九州の中心に位置し、佐賀以外の全県と境を接する熊本県は、北海道の屈斜路に次いで国内国内第2位の巨大カルデラをもつ阿蘇山の中に集落や鉄道が通っているという、世界でも非常に珍しい土地で、火山地帯特有の美しい自然景観と湧水の宝庫として知られています。

14482313_228779324205082_7388943328085016576_n

阿蘇山麓に広がる広大な草原や、白煙を上げる阿蘇の火口は九州観光の代名詞です。そんな九州の代表的な観光地「熊本」を訪れるなら絶対はずしたくない、おすすめの観光名所ランキングTOP40をご紹介します。なお地域によっては未だ熊本地震の影響で交通が規制されている箇所もありますので、お出かけの際には公式サイトなどで最新の情報をチェックしてください。

40.御輿来海岸

九州北西部の島原湾ちかくにあり、渚百選・夕日百選にも選ばれた輿来神海岸(おこしきかいがん)は、干潮時になると長浜海岸から網田海岸まにおよぶ約5㎞の海岸に、独特の砂紋が現われる熊本の観光スポットです。日の入りと干潮が重なる日は特におすすめですが、この絶景を目撃するチャンスは一年のうち10日ほどしかないそうです。まさに大自然の神秘ですね。

御輿来海岸へのアクセス

【所在地】熊本県宇土市下網田町
【電話番号】0964-22-1111
【交通アクセス】網田駅から車で10分。
【公式サイト】http://kumanago.jp/topics/?mode=detail&id=1064

39.湯の児スペイン村

熊本県水俣市湯の児台地にある1970年開園の「湯の児スペイン村(福田農場)」は、ワイン工房のスペイン館、スペイン風レストランのバレンシア館、ビールと多国籍料理のセビリア館などで構成されており、3月下旬は「湯の児桜祭り」、4月下旬~5月の連休中は「福田農場フードフェスタ」、8月の花火大会や巨峰狩り、10月から12月はみかん狩りなどなど、1年を通して様々なイベントが楽しめるおすすめの観光農園です。

湯の児スペイン村へのアクセス

【所在地】熊本県水俣市湯の児台地
【電話番号】0966-63-3900
【営業時間】8:00~17:00
【定休日】無休
【交通アクセス】芦北ICより国道3号線で水俣市まで約35分。
【公式サイト】http://www.fukuda-farm.co.jp/

38.田原坂公園

春の花見やつつじの名所として市民に親しまれている田原坂公園は、明治10年(1877)に起きた“西南の役”の中で最も熾烈な17日間に及ぶ戦いが繰り広げられた田原坂の合戦場跡の公園です。わずか300mの距離を1日30万発の銃弾が飛び交ったといわれる日本最後の内戦で、園内には戦死した官軍6,923名、薩軍7,186名、殉難者29名の慰霊碑や、馬上の少年兵の像などが佇み、ここがかつて無残な戦場であったことを物語っています。隣接する「熊本市田原坂西南戦争資料館」も、そんな田原坂の合戦に関するおすすめの観光スポットです。

田原坂公園へのアクセス

【所在地】熊本市北区植木町豊岡
【電話番号】096-272-1112
(北区まちづくり推進課)
【交通アクセス】JR植木駅より車で10分。
(駐車場220台)
【公式サイト】http://www.manyou-kumamoto.jp/contents.cfm?type=A&id=203

37.水前寺成趣園

 

水前寺成趣園は、国の名勝および史跡に指定されている熊本県下屈指の観光名所です。東海道五十三次をモチーフとして造られたといわれる桃山式の回遊式庭園で、肥後藩初代藩主 細川忠利が築いた水前寺御茶屋に発し、3代目 細川綱利の代に現在の原型が出来上がりました。敷地内には細川家代々の藩主を祀る出水神社や能楽堂、流鏑馬の馬場などが整備されており、8月には薪能、春と秋の年2回の流鏑馬奉納が催されます。古今伝授の間は庭園の全景が見渡せておすすめです。

水前寺成趣園へのアクセス

【所在地】熊本市中央区水前寺公園8-1
【電話番号】096-383-0074
【営業時間】3月~10月 7:30~18:00
(11月~2月 8:00~17:00)
【入場料】高校生以上400円、小・中学生200円
【定休日】なし
【交通アクセス】 熊本市電
水前寺公園電停下車、徒歩3分。
【公式サイト】http://www.suizenji.or.jp/

36.一心行の大桜

熊本のお花見スポットでおすすめの「一心行の大桜(いっしんぎょうのおおざくら)」は、九州の人気お花見スポットランキング第一位に輝く樹齢400年の老木です。高さ14m、枝張20m、幹の周囲7mの巨木は、 安土桃山時代の天正8年(1580)に島津氏との戦いに敗れた峯伯耆守惟冬(みねほうきのかみこれふゆ)の妻と息子が、この地で一心に御霊を弔ったことが名前の由来と伝えられています。そんな一心行の桜は、例年3月下旬から4月上旬にかけて見ごろを迎え、県内外からの観光客でにぎわいます。

一心行の大桜へのアクセス

【所在地】熊本県阿蘇郡南阿蘇村中松3226-1
【電話番号】0967-67-1112 (南阿蘇村商工観光課)
【営業時間】8:00~18:00
(満開時には21時までライトアップされます)
【入場料】有料駐車場:普通車500円、バイク等200円、
マイクロバス2,000円、大型バス4,000円
【定休日】なし
【交通アクセス】南阿蘇鉄道 中松駅から
県道39号線経由で徒歩約18分
【公式サイト】http://www.vill.minamiaso.lg.jp/map/oozakura.html

35.永国寺(幽霊寺)

 

暑い夏にちょっとヒンヤリできるおすすめスポット、熊本県人吉市の「永国寺」は、幽霊寺の異名を持つ応永15年(1408)創建の曹洞宗寺院です。開山の祖である実底超真和尚の代に描かれた幽霊の掛け軸が有名で、境内の池に現れた幽霊にこの絵を見せたところ、己の醜さに驚いた幽霊は和尚に引導を請い、成仏していったという伝説が残っていることから、今でも夏になると永国寺ゆうれいまつりが開かれます。またこの寺は西郷隆盛が西南戦争の時に本営を置いたことでも有名で、明治10年の人吉市街戦の戦火で焼失するという歴史を持ちます。境内には、幽霊が現れたという池や、西南戦争にちなんだ人吉二番隊士の碑、西郷隆盛先生之遺跡の碑などが建つおすすめの史跡です。

永国寺(幽霊寺)へのアクセス

【所在地】熊本県人吉市土手町5
【電話番号】0966-22-2458
【営業時間】 8:00~18:00
【入場料】拝観無料
【交通アクセス】R人吉駅から県道118号線
経由で徒歩約10分
【公式サイト】http://www.hitoyoshi-hikari.com/history/02eikoku/02.html

34.天草キリシタン館

歴史の教科書でおなじみ天草四郎ゆかりの「天草切支丹館」は、熊本県天草地方の隠れキリシタンの歴史について学べる観光スポットです。キリスト教の伝来に始まる天草の歴史を、時代を追ってわかりやすく展示しているおすすめの文化学習施設で、昭和41年(1966)に天草切支丹館として開設し、平成22年(2010)に天草キリシタン館と改名してリニューアルオープンしました。国指定の重要文化財「天草四郎陣中旗」やマリア観音、実際に使用されていた踏み絵など、200点の展示物はどれも見応えがあります。

天草切支丹館へのアクセス

【所在地】熊本県天草市船之尾町19-52
【電話番号】 0969-22-3845
【営業時間】8:30~18:00
【入場料】300円
【定休日】 12月30日~1月1日
【交通アクセス】JR熊本駅から九州産交バス
(天草行き/超快速)で約2時間、
本渡バスセンター下車、車で5分
【公式サイト】http://www.city.amakusa.kumamoto.jp/kirishitan/

33.天草四郎メモリアルホール

 

熊本県の天草といえば、天草島原の乱で中心的人物となった16歳の若者“天草四郎”で有名ですよね。そんな伝説のキリシタンゆかりのテーマ館「天草四郎メモリアルホール」は、瞑想ルームや3Dシアターで観光客に人気です。一般に天草島原の乱というと宗教弾圧に対する反抗として語られがちですが、実際には奴隷のように扱われて餓死したり、重い年貢の取り立てが続くことに耐えかねた農民らの一揆だったことがわかります。天草と島原で立ち上った45,000人の農民は、210,000人の幕府軍を相手に生きる権利をかけて戦い、全滅しました。ぜひ家族や友達同士で訪れていただきたいおすすめの歴史スポットです。

天草四郎メモリアルホールへのアクセス

【所在地】熊本県上天草市大矢野町中977-1
【電話番号】0964-56-5311
【営業時間】9:00~17:00
【入場料】 大人600円 / 中学生以下300円
【定休日】年末年始(1月と6月の第2水曜は休館)
【交通アクセス】JR熊本駅から九州産交バス
あまくさ号で1時間17分、さんぱーる下車。
【公式サイト】http://www.city.kamiamakusa.

32.カドリー・ドミニオン

 

「カドリー・ドミニオン」は世界のクマ7種200頭を中心に、全100種800頭のどうぶつたちが暮らすテーマパークです。園内で売られている“おやつ”をあげると、熊たちがまるでオジサンのようなアクションで応えてくれる熊本観光の定番スポットで、チンパンジーのぱんくんで有名な“みやざわ劇場”をはじめとする動物ショーを無料で楽しめるアニマル天国です。かわいいネコやこぐまと触れ合える、ふれあい動物村は子供や女子に大人気。雨天でもゆっくり遊べるデートスポットとしても知られています。こぐまは冬に生まれて母ぐまと冬を越し、春に出てくるのでこの時期の訪問は特におすすめです。

カドリー・ドミニオンへのアクセス

【所在地】熊本県阿蘇市黒川2163
【電話番号】0967-34-2020
【営業時間】9:30~17:00(土日は17:30まで)
開園・閉演時間は季節によって変わります。
【入場料】高校生以上2400円・小中学生1300円・3歳以上700円
【定休日】12月から2月までの毎週火・水・木曜
【交通アクセス】JR九州豊肥本線阿蘇駅下車 徒歩20分。
【公式サイト】http://www.cuddly.co.jp/

1 2 3 4 5
14482313_228779324205082_7388943328085016576_n

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

muudの最新情報をお届けします!

このまとめのキュレーター

さん

まとめの内容について運営スタッフへ報告

さん

熊本観光のまとめランキング

Sorry. No data so far.

MUUD[ムード]ムードのあるライフスタイルを。