日帰りデートに最適!房総半島ドライブにピッタリな定番スポット厳選TOP20

更新日: 2016年12月3日

さん

千葉県の房総半島は海に囲まれているため、ビーチから見る夕日や晴天のさわやかな海を眺めたり、山の上から見る夜景だったりデートスポットには事欠かきません。その中でも20のスポットをご紹介したいと思います。次のデートの参考にしてみてくださいね。

14693755_586643858210907_5848455343465562112_n

今回は、房総半島でのドライブデートにおすすめのスポットの紹介をしていきます。房総半島らしい海沿いの景色も最高ですが、内陸も自然がいっぱいで絶景に出会える場所がたくさん!その中でもおすすめする20カ所に厳選してお伝えします。デートがテーマになっていますので、景色の良い場所をピックアップしてみました。

1、房総フラワーライン

館山の洲崎から白浜の野島崎までの、千葉県道257号線、国道410号線、及び千葉県道297号線の一部の約46kmの及ぶ海岸線道路を「房総フラワーライン」と呼び、一部は「日本の道百選」にも認定されています。沿道には菜の花やノースポール(1月から春)、マリーゴールド(夏)などの花々が咲き乱れ、空気の澄んだ日は富士山や伊豆大島が望め、その風光明媚な景色はドライブテートには最適です。周辺には館山ファミリーパークなどの観光スポットも点在していますので場所選びに事欠きません。

【住所】千葉県館山市下町交差点から南房総市白子までの区間
【電話】0470-22-2000
【アクセス】富津館山道路・富浦ICから約40分
【公式HP】http://www.tateyamacity.com/info.php?lngCode_Data=334

2、館山ファミリーパーク

関東でも房総半島の南に位置する館山市は「ポピーの里」として知られています。ここでは、ハーブを使ったリースや香水を作る体験もできますよ。また、釣り堀・ドッグランといったアクティブな方におすすめのレジャーも楽しめ、ゆっくりと食事を楽しめるレストランもあります。3月から4月は7500平方メートルの敷地に約10万株100万本のポピーが花畑の絨毯のように咲き乱れ、ドライブにもおすすめです。
【住所】千葉県館山市布沼1210
【アクセス】東京から京葉道路または東京湾アクアライン→ 館山自動車道→「富浦IC」下車国道127号左折17km
【営業時間】8:30~17:00
【定休日】年中無休
【電話】0470-28-1110
【料金】大人550円 小人350円
【公式HP】http://familypark.jp/family/

3、東京湾観音

南房総国定公園(大坪山)に、高さ56mの白亜の観音様が昭和36年に平和の理念のもとに建立されました。こちらの観音様は体内拝観が可能です。324段の階段を上っていくのですが、はじめは広さにも余裕がありますが、上に行くにつれて狭くなりますので足元には注意が必要。そして、所々に仏像や七福神が設置されています。有名な仏像彫刻家・長谷川昴氏の作品ですので、休憩しながら手を合わせていきましょう。階段を登り切った先には、東京湾を一望できる絶景が広がります。天気の良い日は富士山も見ることができます。そして、ここから望む夕日もとてもきれいですので、ドライブ時の休憩場所として立ち寄っていただきたいデートスポットです。

【住所】千葉県富津市小久保1588
【アクセス】館山自動車道 富津中央ICより5分
【拝観時間】8:00~17:00(受付は16:00まで)季節により拝観時間の変更あり
【定休日】年中無休
【電話】0439-65-1222
【拝観料】胎内拝観料:大人500円 / 中人(中・高校生)400円 / 小人(5歳~小学生)300円
【公式HP】http://www.t-kannon.jp/index.html

4、鴨川シーワールド

千葉県鴨川市の国道128号線の沿って建てられた房総半島で唯一の水族館です。国道からも近く、夕日もきれいなのでドライブデートには最高のロケーション!さらに、かわいい動物たちが見られる水族館をのぞいてみれば、最高の一日になること間違いなしですよ。シャチのショーも迫力があり人気ですが、アシカの笑いがをも愛嬌があっておすすめです。2015年に新設された「クラゲライフ」で神秘の世界を堪能してみてください。雨の日でも楽しめる施設なので、デートにぴったりです。

【住所】 千葉県鴨川市東町1464-18
【アクセス】 ○車[海ほたるPAより]約1時間10分
東京湾アクアライン→君津I.C→房総スカイライン・鴨川有料道路経由→鴨川シーワールド
○車[千葉市内より]約1時間20分
館山道松ヶ丘IC→君津IC→房総スカイライン・鴨川有料道路経由→鴨川シーワールド
【営業時間】 平日9:00~16:00 土・日・祝日9:00~17:00
クリスマスイベント中は18:00までオープン
【電話】 04-7093-4803
【入館料】 大人(高校生を含む)¥2,800小人(4歳~中学生)¥1,400 65歳以上¥2,100
【公式HP】http://www.kamogawa-seaworld.jp/index.html

5、養老渓谷

 

千葉県大多喜町から市原市を流れる川沿いに自然に作られた渓谷が、「房総の魅力500選」に選ばれました。ここは四季折々の美しい光景が観光客を楽しませてくれます。春はツツジやフジの花が咲き乱れ、秋には赤や黄に色ずく紅葉が川にも映り、幻想的な姿を見せてくれるのです。ハイキングコースも整備されていますし、釣りを楽しむこともできます。特に有名な「粟又の滝」は別名「養老の滝」と呼ばれ、落差30m・全長100mの大きな滝ですので、是非立ち寄っていただきたいスポットです。近くには温泉もあるので、ドライブの疲れを癒していただけると思います。

【住所】 千葉県夷隅郡大多喜町~市原市
【アクセス】車で東京・千葉方面より 館山自動車道[市原IC]より約32km 約50分
車でアクアラインより 圏央道[木更津東IC]より約19km 約25分
車でアクアラインより 圏央道[市原鶴舞IC]より約16km 約18分

【おすすめ時期】 新緑・紅葉の時期
【公式HP】 http://www.youroukeikoku.com/

6、きみさらずタワー

 

千葉県木更津市の大田山公園の中にある展望台です。木更津の地名の由来は、ヤマトタケルノミコト伝説の「君去らず」にあるといわれています。そのためヤマトタケルノミコト夫妻の銅像が建てられました。徒歩でも行けますが、山の上にありますので車で行くことをお勧めします。ドライブがてら立ち寄るにはちょうどいいスポットです。無料の駐車場があるのもうれしいですね。日中の眺めもいいのですが、ここからの夜景は地元でも人気が高くデートスポットの定番でもあります。遮るもののないタワーからの眺めは、房総の夜景を堪能するには十分のロケーションです。

【住所】千葉県木更津市太田2-16
【電話】0438-23-7111 (木更津市市街地整備課)
【アクセス】館山道木更津南ICから国道127・16号経由3.5km10分
【駐車場】 あり
【料金】無料
【公式HP】 http://www.city.kisarazu.lg.jp/13,0,31,207.html

1 2 3 4
14693755_586643858210907_5848455343465562112_n

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

muudの最新情報をお届けします!

このまとめのキュレーター

さん

まとめの内容について運営スタッフへ報告

さん

千葉観光のまとめランキング

Sorry. No data so far.

MUUD[ムード]ムードのあるライフスタイルを。