友達と見るべき傑作映画10選!友情を描くオススメ作品を紹介

更新日: 2017年1月10日

さん

友情にもいろいろな形がありますが、そんな様々な形の友情をテーマにした笑えて、泣けて、共感、感動できる映画。お友達と一緒に見たくなる、そんなおすすめの映画を厳選して10作品ご紹介します。

子供の頃からの友達、大人になってからできた友達、友達にもいろんなタイプがありますよね。友情にも異性だったり、同姓だったり、年が違ったり、ときにはライバルだったり、いろんな形の友情があります。そんな様々な形の友情を描いたおすすめの映画を値段や商品ランキングなどの情報とともに、様々なジャンルから厳選してご紹介。必ず、友情っていいな、と思ってもらえるはずです。ぜひ、お友達を誘って、一緒に見て、泣いて笑って、共感してください。あの頃はこうだったねなんて懐かしい話もでてくるかもしれませんね。どれもおすすめの傑作映画です。

1. ハリー・ポッター死の秘宝

www.amazon.co.jp/dp/B00KRTY2VW

公開年:2010年
監督:デイビッド・イェーツ
出演:ダニエル・ラドクリフ/ルパート・グリント/エマ・ワトソン

【あらすじ】

ダンブルドアの死によりますます力を増していく闇の帝王軍団。魔法界も彼らに支配されようとしていて、ホグワーツも危険にさらされます。ハリー、ロン、ハーマイオニーの3人はダンブルドアの遺品を受け取り、その少ない手掛かりを元に、ヴォルデモートを倒すため、分霊箱を探す旅に出ます。

 

【おすすめポイント】

ハリーポッターシリーズの最新作であり、最終章。この映画ではシリーズを通してハリー、ロン、ハーマイオニーの友情がずっと描かれてきました。それまでは小さないさかいはありながらも力を合わせて事件に立ち向かってきた3人でしたが、この死の秘宝では少しづつ大人になり、自分の考えや意思、自分達が直面している出来事への恐怖、不安、そして恋愛が絡み合い3人の友情も大きく変化していきます。無邪気だった3人が大人へと成長していく姿は友達の大切さ、友情の難しさを教えてくれますよ。後篇ではいよいよヴォルデモートとの対決。前篇、後篇合わせて見ることをおすすめします。

2. プラダを着た悪魔

www.amazon.co.jp/dp/B0083RQI0S

公開年:2006年
監督:デヴィット・フランケル
出演:メリル・ストリープ/アン・ハサウェイ/スタンリー・トゥッチ/サイモン・ベイカー/エミリー・ブラント

【あらすじ】

ジャーナリストを志しニューヨークにやってきたアンディ。おしゃれには関心のないアンディでしたが、一流ファッション誌「ランウェイ」の面接を受け、編集長ミランダのジュニア・アシスタントになります。公私の区別なく24時間鳴り続ける携帯電話、アンディのアシスタントとしての多忙な日々が始まって行くことに。

【おすすめポイント】

友達ではなく、上司と部下ですが、仕事を通してミランダとアンディの間には友情が芽生えていきます。おしゃれに疎く、さえないアンディがまわりの人達に助けられたり、揉まれたりしながらどんどんおしゃれで洗練された女性へと変化しくところは見ていて気持ち良いくらい。どんなにピンチでもめげない、あきらめない、自分の意見をしっかり持っている、そんなアンディにミランダも心を開いていく展開はホロっとしてしまいます。アンディはミランダのもとを離れますが、自分の夢に向かって歩きだす姿には勇気がもらえます。元気が出るおすすめ映画です。

3. ドリームガールズ

 

www.amazon.co.jp/dp/B00DACMHGA

公開年:2006年
監督:ビル・コンドン
出演:ジェイミー・フォックス/ビヨンセ・ノウルズ/エディ・マーフィー/ジェニファー・ハドソン

【あらすじ】

1960年代のアメリカ・デトロイト。とあるライブハウスで、ディーナ、エフィ、ローレルの3人組「ドリーメッツ」がオーディションを受け、プロデューサー・カーティスの目にとまり、ジミー・「サンダー」・アーリーのバックコーラスに採用されます。カーティスは「Rainbow records」を立ち上げ、本格的なスタジオを建設しますが、その頃からエフィと他のメンバーとの関係が悪化し、エフィは脱退してしまいます。

 

【おすすめポイント】

とにかく、歌が素晴らしいです!ビヨンセはもちろん、ジェニファー・ハドソン、エディ・マーフィーの歌も聞き惚れてしまうほど。歌の場面は何度も見たくなります。実話を元に作られている映画ですので、歌だけでなくストーリーもしっかり楽しめるんです。友達同士、3人でスターになる事を夢見ていたはずなのに、恋愛やグループ内での立場などが原因で壊れていくドリーメッツ。表舞台から去ったエフィがドリーメッツの最後のステージで共演するシーンは感動です。時代背景、当時のファッションもおすすめの見どころですよ。

 

4. 最高の人生の見つけ方

www.amazon.co.jp/dp/B001CUI55O

 

公開年:2007年

監督:ロブ・ライナー
出演:ジャック・ニコルソン/モーガン・フリーマン

【あらすじ】

自動車工のカーターと実業家のエドワード。2人は同じ病室に入院することになります。最初はカーターを毛嫌いしていたエドワードでしたが、2人は徐々に親しくなっていく。ある日2人は余命6カ月であると宣告されます。2人は死ぬまでにやりたいことリストを作り、実現のため世界中を旅してまわる。

 

【おすすめポイント】

ある日突然、余命半年と言われたら自分は何がしたいだろうと考えさせられました。2人ともおじいさんですが、リストを実現させようとする行動力がすごい!!(エドワードの財力あってのことですが。)そういう自分のやりたいことも我慢して、家族のために必死に働いてきたカーター、裕福だが他人を思いやる事を知らずに生きてきたエドワード。たまたま同じ病室に入院した2人は最高の友達になり、最高の人生を見つけます。人生で大切なものともいえるでしょうか。ラストは感動、涙なくしては見られません。何かに迷ったときにおすすめしたい感動の映画です。

5. グッド・ウィル・ハンティング

 

www.amazon.co.jp/dp/B006OQ0IFQ

公開年:1997年
監督:ガス・ヴァン・サント
出演:マット・ディモン/ロビン・ウィリアムズ/ベン・アフレック/ミニー・ドライヴァー

【あらすじ】

天才的な頭脳を持ちながら、子供の頃に受けた虐待がトラウマになり鑑別所入りを繰り返す青年ウィル。大学教授のランボーがその才能を見出し更生させようとします。ランボーは学生時代の同級生で心理学を教えているショーンにウィルを紹介。最初は心を開かなかったウィルでしたが、妻を亡くし、自分と同じように心に傷を持つショーンと次第に打ち解けていきます。

【おすすめポイント】

感動の名作映画です。まず、キャストが素晴らしい。主演のマット・ディモンはベン・アフレックとともに脚本も書いていて高く評価されています。脚本、ストーリーも素晴らしく、レビューの評価もかなり高いです。すべてにおいてかなりおすすめ。そして悪人がいないんです。登場人物はみんながいい人。友達も仲間もいないウィルは他人を信用していないというか、天才だけに他人を下に見ているんですよね。それがショーンに出会って心を開き友達の大切さ、愛の大切さを知っていく。自分の心も大きくなったような気持ちにさせてくれます。

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

muudの最新情報をお届けします!

このまとめのキュレーター

さん

まとめの内容について運営スタッフへ報告

MUUD[ムード]ムードのあるライフスタイルを。