心温まるファミリー映画ならコレ!家族で見るべき不朽の名作30選

更新日: 2016年12月24日

さん

ご家族と過ごす大切な時間に、映画鑑賞は如何でしょう。同じ時間を共有することで、家族の絆も深まるのではないでしょうか。せっかく観るのであれば、心温まるようなファミリー映画がおすすめです。家族で観たい素敵なファミリー映画を紹介させて頂きます。

映画作品を通して、同じ時間、同じ場所、同じ気持ちを共有するのは素敵なことではないでしょうか。そんな大切な時間に、どんなタイトルを視聴することを選ぶのかも重要だと思います。せっかくの家族との時間も作品選びで台無しになってしまう可能性も高いです。
家族と映画を楽しまれるのも貴重な時間のはず。失敗のないタイトル選びをしたいと考えるのも当然です。また、お子様の心を育むような作品であれば、尚更のこと喜ばしいでしょう。
そんな貴方に、傑作・人気のファミリー映画をピックアップして紹介させて頂きます。洋画・邦画など、バランス良く、様々なジャンルから家族向けのおすすめ映画作品を選びました。ランキング形式でまとめていますので、どうぞ最後までご覧下さい。

30.ハッピー フィート


www.amazon.co.jp/dp/B003GQSYC6
―公開年:2007年
―監督 :ジョージ・ミラー
―出演 :イライジャ・ウッド, ロビン・ウィリアムズ, ブリタニー・マーフィー, ヒュー・ジャックマン, ニコール・キッドマン

【あらすじ】

歌が全てのペンギンの暮らす氷の国、エンペラー帝国。そこで暮らすコウテイペンギンのメンフィスとノーマ・ジーンの間に、マンブルという子供が生まれた。その卵はクチバシではなく足から出てきたのだ。パタパタと足を動かすマンブルの仕草をノーマ・ジーンは受け入れたが、メンフィスは不満に思っていた。
マンブルは音痴だった。しかもマンブルは歌うのではなく足をタップダンスのように動かすのが癖になっていたのだ。成長したマンブルは学校の卒業式の日を迎える。卒業式では海まで遠出するが、他の卒業生たちの歌を音痴のマンブルは邪魔することになり、独りで先に帰ろうとしたところ、氷山から落ち、ヒョウアザラシに追われてエンペラー帝国から遠くに来てしまう。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%83%E3%83%94%E3%83%BC_%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%88

【おすすめポイント】

アメリカで制作されたディズニーアニメで、長編アニメーション映画賞にも輝いた名作ファミリー映画です。特にお子様の喰い付きが良いのではないでしょうか。続編も公開されてレンタル店にも並んでいます。次の家族での映画鑑賞の機会にもつながり、家族向けのおすすめタイトルです。ペンギンを主人公に据え、ペンギンの世界で展開される物語に、きっと家族揃って優しい気持ちになれるはずですよ。

29.アイス・エイジ


www.amazon.co.jp/dp/B00OJ7UI8O
―公開年:2002年
―監督 :クリス・ウェッジ
―出演 :レイ・ロマーノ, 山寺宏一, ジョン・レグイザモ, 太田光, デニス・リアリー

【あらすじ】

氷河期を前に動物たちが南へ大移動する中、なぜかマンモスのマニーだけは一匹北へ向かっていた。時を同じくして、家族に置いていかれたナマケモノのシドは、サイ達の怒りを買い逃げているところをマニーに助けられる。マンモスと一緒にいれば襲われることはないだろうと、シドはマニーについていくことにするが、マニーはシドを邪険に扱う。一方、サーベルタイガーの一群は、人間への恨みから、野営地を襲って人間の赤ん坊を狙う計画を立てる。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%82%A4%E3%82%B8_(%E6%98%A0%E7%94%BB)

【おすすめポイント】

アメリカで制作された作品で、ディズニーアニメを思わせますが、ディズニーアニメではないファミリー映画です。とても人気高いコンテンツで、続編も最新のもので「アイス・エイジ4」までリリースされています。家族で観る機会を設けるのに適した、まさに家族向けの作品なのだといえるでしょう。ストーリーもお子様の心を育てる内容ですが、大人の感情まで揺さぶられてしまいます。この後の続編作品のリリースにも期待できるおすすめコンテンツです。

28.昆虫物語 みつばちハッチ~勇気のメロディ~


www.amazon.co.jp/dp/B0045UB4Y2
―公開年:2010年
―監督 :アミノテツロ
―出演 :齋藤彩香, アヤカ・ウィルソン, 中村獅童, 田中直樹(ココリコ)

【あらすじ】

スズメバチに襲撃され母や仲間達と生き別れ一人旅をしていたみつばち王国の王子、ハッチ。たどり着いた人間の住むセピアタウンでクネクネやニョロリなどのたくさんの仲間に出会い友達になっていった。そしていつも一人ぼっちでハーモニカを吹いていた人間の少女、アミィと出会う。偶然から虫と喋る事ができるようになったアミィは、ハッチと友達になり約束を交わすのだが、やがてハッチはスズメバチがセピアタウンに移動していることスズメバチにハッチのママが捕らわれていることを知るのであった。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%86%E8%99%AB%E7%89%A9%E8%AA%9E_%E3%81%BF%E3%81%A4%E3%81%B0%E3%81%A1%E3%83%8F%E3%83%83%E3%83%81%E3%80%9C%E5%8B%87%E6%B0%97%E3%81%AE%E3%83%A1%E3%83%AD%E3%83%87%E3%82%A3%E3%80%9C

【おすすめポイント】

日本屈指のアニメ制作会社、タツノコプロの傑作「みなしごハッチ」のネームバリューは強いです。作画もリメイクされ、旧作とはいえ、古臭さを感じることは一切ありません。ぜひご家族で楽しんで頂きたいおすすめのファミリー映画です。昆虫を嫌われる方も多いですが、昆虫嫌いの先入観を和らげることができるのではないでしょうか。口コミによる評価も高く、とても完成度の高いおすすめ邦画作品です。

27.GAMBA ガンバと仲間たち


www.amazon.co.jp/dp/B01DDBK0ZW
―公開年:2015年
―監督 :河村友宏, 小森啓裕
―出演 :梶裕貴, 神田沙也加, 高木渉, 矢島晶子, 高戸靖広

【あらすじ】

町に住むドブネズミ(町ネズミ)のガンバは、幼馴染みのマンプクに誘われて海を見る旅に出る。2匹は港で船乗りネズミの集まりに参加するが、そこへ全身に傷を負ったネズミが現れる。忠太と名乗ったそのネズミは「夢見が島でイタチのノロイ一族に襲われた仲間を助けてほしい」と訴える。
ノロイとは、船乗りネズミの間では関わることをタブーとされる恐るべきイタチであった。及び腰になる船乗りネズミたちの姿を見たガンバは、自分だけでも忠太の願いを聞き入れることを決意し、忠太と共に夢見が島行きの船に乗り込む。しかし、ガンバに心を動かされたネズミたちもまた、夢見が島へ向かう決意をしていたのだった。ガンバと15匹の仲間の冒険が、今始まる……。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%92%E9%99%BA%E8%80%85%E3%81%9F%E3%81%A1_%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%90%E3%81%A815%E3%81%B2%E3%81%8D%E3%81%AE%E4%BB%B2%E9%96%93#GAMBA_.E3.82.AC.E3.83.B3.E3.83.90.E3.81.A8.E4.BB.B2.E9.96.93.E3.81.9F.E3.81.A1

【おすすめポイント】

ファミリー映画で家族向けの作品でありながら、主人公の頑張り屋なところをを強く打ち出すおすすめ邦画作品です。傑作の有名アニメを、3Dアニメーションとしてリメイクされています。名作アニメの秀逸なストーリー、最新技術による映像の美しさを両立されているのが魅力的です。お子様に、きっと頑張ることの素晴らしさを感じさせられるはずです。大人が観ても、仕事に、家事に、きっと人生を頑張ろうと思えます。

26.シャーロットのおくりもの


www.amazon.co.jp/dp/B000VXXN8W
―公開年:2006年
―監督 :ゲイリー・ウィニック
―出演 :ダコタ・ファニング, ジュリア・ロバーツ, ドミニク・スコット・ケイ, スティーブ・ブシェミ, ロバート・レッドフォード

【あらすじ】

子豚のウィルバーはとある牧場で無邪気に暮らしていたが、あるとき、自分はいずれ殺されて肉にされてしまう運命であることを知る。嘆くウィルバーに小屋の上から声をかけたのは牝蜘蛛のシャーロット。彼女は驚くべき方法でウィルバーを救おうとする。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%AE%E3%81%8A%E3%81%8F%E3%82%8A%E3%82%82%E3%81%AE#2006.E5.B9.B4

【おすすめポイント】

児童文学として出版された本を映像化した洋画作品です。児童文学を原作としていることで、家族向けのファミリー映画としてはおすすめ。人間の優しさをテーマとしており、子供だけではなく、大人にも感動を与えられることでしょう。観終えた方のレビューを拝見していても、良い評判ばかりですよ。とても評価の高い作品なのです。きっと主人公のシャーロットの名言が、貴方の記憶に忘れられない感動を残します。

25.アーサー・クリスマスの大冒険


www.amazon.co.jp/dp/B00BUBZYBS
―公開年:2011年
―監督 :サラ・スミス
―出演 :ジェームズ・マカヴォイ, ヒュー・ローリー, ビル・ナイ, ジム・ブロードベント

【あらすじ】

主人公アーサーは、サンタクロースの息子でお手紙係。世界中の子供たちから送られてくるプレゼントのリクエストを整理して返事を書くのが仕事。ある年のクリスマス・イブに、システムの不具合で女の子にプレゼントが届いてないことが判明。兄スティーヴは、世界中でたった一人だけなら問題ないと、このミスを無視したが、心優しいアーサーは納得できない。引退しているおじいサンタたちの力を借り、昔ながらのトナカイの“そり”に乗ってプレゼントを届けに行くことに! 夜明けまでの2時間に、果たしてアーサーは無事に配達できるのか?
https://www.amazon.co.jp/dp/B00BUBZYBS

【おすすめポイント】

アメリカ・イギリスの二か国で制作された3Dアニメーション洋画作品。クリスマスを題材としていることから冬場におすすめのファミリー映画です。日本で劇場公開されたのは映画館は限られており、知る人ぞ知るタイトルだといえます。レンタルビデオにも置かれていることは少ないでしょう。オンラインサービスや、DVDを購入して視聴してみて下さい。知名度とは裏腹に口コミでの人気は高く、観れば、きっと周囲に勧めたくなってしまいます。

24.西遊記


www.amazon.co.jp/dp/B0091RR9IY
―公開年:2007年
―監督 :澤田鎌作
―出演 :香取慎吾 内村光良 伊藤淳史 深津絵里 水川あさみ 大倉孝二 多部未華子 谷原章介 小林稔侍

【あらすじ】

テレビシリーズの第6巻と第7巻の間に隠されたサイドストーリー。悟空ら三蔵法師御一行が偶然立ち寄った砂漠の町には、ある秘密が隠されていた。その荒れ果てた町を救うため、悟空たちは街を荒れさせた妖怪である、金角大王と銀角大王と対決することになる。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E9%81%8A%E8%A8%98_(2007%E5%B9%B4%E3%81%AE%E6%98%A0%E7%94%BB)

【おすすめポイント】

ドラマシリーズから映画が制作され、劇場公開されたファミリー邦画作品です。知名度の高い「西遊記」のネームバリューに、お子様が触れる機会にもなることでしょう。国内でも有名な俳優・女優陣が出演している点もおすすめのポイント。笑って楽しめるエンターテイメントとして、家族向けに最高のタイトルだといえます。余計なことを考えず、笑い転げて、物語の展開にドキドキされてみては如何でしょうか。

1 2 3 4 5

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

muudの最新情報をお届けします!

このまとめのキュレーター

さん

まとめの内容について運営スタッフへ報告

MUUD[ムード]ムードのあるライフスタイルを。