【2017最新】20畳の部屋向け!コスパ抜群の人気おすすめ加湿器10選

更新日: 2017年3月18日

さん

室内が暖房などで乾燥するこの季節、加湿機は手放せませんよね。大事な喉や肌を守るには適度な湿度が必要不可欠、加湿機は良いものを使いたいですね。そこでみなさんにおすすめの人気加湿器10選を紹介しましょう。

冬場の必需品

室内が暖房などで乾燥するこの季節、加湿機は手放せませんよね。大事な喉や肌を守るには、適度な湿度が必要不可欠です。最近の加湿機には様々な物があります。携帯に便利で持ち運び楽々なUSB接続で使える物や、アロマ対応の物、静音性が高い物など様々です。そしてお値段も様々。相場としては1万5千円から3万円程度が平均的なところ。意外と高い物ですし、どんなものなのかしっかりと知ってから買いたいですよね。そこでみなさんへ、口コミの話題にのぼる噂の新製品、20畳の部屋向けでおすすめの人気加湿器10選をご紹介しましょう。

加湿の方式

加湿器にはスチーム式・気化式・ハイブリッド式・超音波式と言った種類があります。スチーム式は、ヒーターで水を温めて蒸気を放出する方式。気化式は、水を含んだフィルターにファンによって風をあてることで湿った空気を放出します。ハイブリッド式は、気化式の利点を活かしながらヒーターによる加湿スピードアップを行う方式となっています。超音波式は、超音波振動により水の粒子を直接飛ばす方式となります。ヒーター式は、水を沸騰させるので衛生的だけど消費電力が高い、気化式は消費電力が低く電気代が安いが、室温が低いと加湿力が落ちやすいなど、どの方式にもメリットとデメリットがありますが、近年のトレンドはハイブリッド式となってきています。

1 HV-F70-W/シャープ


https://www.amazon.co.jp/dp/B01LSFH66G

プラズマクラスター搭載のハイブリッド式加湿器です。加湿能力は強運転で670mL/h、静音運転時は185mL/hとなっており、適用目安はプレハブの洋室で約18畳、およそ20畳弱となっています。タンク容量は約4.0Lで、静音運転時には連続で約22時間ほど稼働し続ける事が可能です。プラズマクラスターが搭載されているため、衣服などに付着した臭いの脱臭や静電気除去と言った効果が期待できます。使用する加湿フィルターは抗菌・防カビ仕様で1シーズン6ヶ月で、8シーズン使える長寿命。別売りのイオンカートリッジをつければ、殺菌された水で加湿できます。本体内部の掃除も簡単にできる設計となっており、清潔さが決め手の人気製品です。

2 UF-H7216R(T)/コロナ


https://www.amazon.co.jp/dp/B01L0Y63XC

こちらは2016年9月発売の新機種のハイブリッド式加湿器です。加湿能力は強運転で720mL/h、静音運転時は200mL/hとなっており、適用目安はプレハブ洋室で約20畳となっています。タンク容量は約4.0Lで、静音時の連続運転は約20時間ほどです。入ってくる空気を抗菌処理するマルチクリーンフィルター搭載でダニや花粉等が加湿器内へ入らないようしっかりガードしています。加湿フィルターは定期的に回転し、より効率的に加湿が行える独自機能が搭載されており、運転停止時には水に触れないように止まるので、カビなどの繁殖を効果的に抑え清潔を維持します。さらに、回転することで固定式フィルターよりも少ないパワーで加湿できるので省エネな上、さらにEcoモードも搭載。効率が良いためスリムでコンパクト、オシャレなデザインで持ち運びに便利な持ち手もあり人気の製品です。

3 roomist SHE120ND-W/三菱重工


https://www.amazon.co.jp/dp/B01KSVGG1M

こちらは2016年9月発売の新機種で、パワフルなスチーム式加湿器です。加湿能力は最大で1,200mL/hとなっており、適用目安は木造和室で20畳、プレハブ洋室では33畳です。タンク容量は約5.0Lが2つ、たっぷり10Lで連続運転能力は8時間ほど。水に含まれるミネラル分などの堆積物の付着を抑えるイオンフィルターが標準装備となっており、洗浄の手間が減りメンテナンス性抜群。さらにプラズマイオンを放出して浮遊菌を抑制する機能に、特殊フィルターでカビ等をキャッチして抑制する機能を合わせたプラズマW除菌機能が搭載。温度と湿度、2つのセンサーで最適な湿度を自動的に決定することも可能です。スチーム式に付き物の熱湯がこぼれない安全設計、消費電力こそ高めですが非常にパワフルな加湿能力で人気の製品です。

4 roomist SHK90NR-W/三菱重工


https://www.amazon.co.jp/dp/B01KSVGGIA

こちらは2016年9月に発売した新機種で、ハイブリッド式加湿器です。加湿能力は850mL/h、エコ運転時には480mL/hとなっており、適用目安はプレハブ洋室で23.5畳と20畳を超えます。タンク容量は約4.5Lで連続運転能力は5時間ほど。プラズマW除菌機能とビーバーエアコンと連動する機能も搭載されています。エアコン連動はエアコンのセンサーによる湿度検知に基づいて、運転・停止の信号が加湿器に送られます。離れた位置で湿度検出するため、部屋全体の湿度をコントロール可能です。Agイオン抗菌剤が標準装備となっており、水の腐敗や細菌の繁殖が抑えられ、エコ運転モードでは消費電力が通常運転の約90%カット、2つの方式を自動で切り替え電気代のムダを抑えることが可能な人気製品です。

5 FE-KFM07-W/パナソニック


https://www.amazon.co.jp/dp/B01JIVV1TK

こちらは2016年9月に発売した新機種で、スタンダードモデルの気化式加湿器です。加湿能力はお急ぎ運転で800mL/h、静か運転時では150mL/hとなっており、適用目安はプレハブ洋室で19畳です。タンク容量は約4.2Lで連続運転能力は6時間ほど。強運転で11W、お急ぎ運転でも16Wと気化式加湿器の利点がしっかりと発揮されている低消費電力です。風を当てるファンにはDCモーターを搭載しているため、小さなファンでも多くの風量を生み出せます。そのおかげでお急ぎ運転時の30分の間、加湿スピードが約26%もアップ可能となっています。運転音と加湿量のバランスを考え、入眠時は15デシベルというごく静かに加湿し、睡眠中は弱運転で加湿量をアップするおやすみモードや、センサーで加湿具合をチェックするおまかせモードが搭載されています。便利機能がたくさん搭載され20畳向けに人気な製品となっています。

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

muudの最新情報をお届けします!

このまとめのキュレーター

さん

まとめの内容について運営スタッフへ報告

MUUD[ムード]ムードのあるライフスタイルを。