圧倒的世界観でおすすめ!臨場感溢れる宇宙映画30選

更新日: 2016年12月21日

さん

映画の楽しみ方として、未だ私たちが行くことのできない世界を疑似体験できることがあげられるのではないでしょうか。宇宙空間もまさにそう。一般人が行くのは現実的ではありません。当記事では宇宙を背景にした映画をご紹介させて頂きますので、ぜひご覧ください。

壮大なスケールで繰り広げられる宇宙映画は現実から頭を切り離し、気分転換するのに最高のジャンルといえます。その広さと無重力の世界には夢がありますよね。夢があるからこそ、私たちの想像も広がり、探究心や好奇心も広がります。
宇宙を背景とした映画作品は数多く存在しており、それぞれの作り手の夢が見事に再現されています。一般的にも人気の高いジャンルで、洋画・邦画を問わずに数多いのも特徴といえるでしょう。そんな宇宙映画のおすすめタイトルをまとめ、一気に30作品をランキング形式でご紹介させて頂きます。名作・傑作タイトルを中心にピックアップしますので、最後まで挙げていくタイトルを楽しみにご覧頂ければと思います。
視聴する宇宙映画の参考に、ぜひお役立て下さい。

30.宇宙兄弟


www.amazon.co.jp/dp/B00938J8EO
―公開年:2012年
―監督 :森義隆
―出演 :小栗旬, 岡田将生

【あらすじ】

幼い頃に宇宙飛行士になることを誓い合った対照的な2人の兄弟を主人公に、彼らが夢を実現させるまでの長き道のりと固い絆を描く。監督は「ひゃくはち」の森義隆。ある夜、月に向かうUFOを目撃した兄弟、兄のムッタと弟のヒビトは、一緒に宇宙に行こうと約束した。それから19年。約束通りに宇宙飛行士となったヒビトは、日本人初となる月でのミッションを目前にしていた。一方、上司に頭突きを食らわし、会社をクビになったムッタ。そんな彼のもとに、宇宙航空研究開発機構(JAXA)から宇宙飛行士選抜試験の書類選考合格の通知が。それはヒビトが兄に内緒で応募したものだった。
http://tsutaya.tsite.jp/item/movie/PTA00007XWF9

【おすすめポイント】

邦画のおすすめ宇宙映画タイトル。コミック作品を原作とし、人気が高かったことからアニメ化、実写での劇場版になった経緯があります。そもそもコミックやアニメは長編なので、120分に圧縮された作り込みとなっています。それを知って観て頂ければと思います。もちろん、原作を読まず、アニメを観ず、こちらの作品から観ても楽しんで頂けますよ。きっと原作のコミックやアニメ化されたものまでに気になってしまうはずです。

29.2001年宇宙の旅


www.amazon.co.jp/dp/B003EVW6BI
―公開年:1968年
―監督 :スタンリー・キューブリック
―出演 :キア・デュリア, ゲイリー・ロックウッド, ウィリアム・シルヴェスター, ダニエル・リクター

【あらすじ】

遠い昔、ヒトザルが他の獣と変わらない生活を送っていた頃、黒い石板のような謎の物体「モノリス」がヒトザルたちの前に出現する。やがて1匹のヒトザルが謎の物体の影響を受け、動物の骨を道具・武器として使うことを覚えた。獣を倒し多くの食物を手に入れられるようになったヒトザルは、反目する別のヒトザルの群れに対しても武器を使用して殺害し、水場争いに勝利する。歓びのあまり、骨を空に放り上げると、これが最新の軍事衛星に変る(人類史を俯瞰するモンタージュとされる)。
https://ja.wikipedia.org/wiki/2001%E5%B9%B4%E5%AE%87%E5%AE%99%E3%81%AE%E6%97%85#.E3.81.82.E3.82.89.E3.81.99.E3.81.98

【おすすめポイント】

旧作の宇宙映画といえますが、今でも名作映画として「2001年宇宙の旅」の名前を挙げる方が多い傑作タイトルです。2001年が過ぎて、この本編のことがどれだけ現実になっているのか、確認する意味でも映画作品を楽しむことができるでしょう。歴史に名を刻む名作映画として、今も色褪せることのない魅力が詰まっています。近未来に実現しそうな宇宙科学を想像しながらご覧になるのがおすすめです。

28.エクスプロラーズ


www.amazon.co.jp/dp/B000UWVF3Y
―公開年:1986年
―監督 :ジョー・ダンテ
―出演 :イーサン・ホーク, リバー・フェニックス, ジェイソン・プレソン, アマンダ・ピーターソン

【あらすじ】

ベンは電子回路の中を飛んでいる夢を見た。その電子回路をスケッチしたものを友人でコンピュータオタクのウォルフガングに渡し、学校でスティーヴから助けてくれたダレンとともにウォルフガングの家を訪れる。ウォルフガングがベンのスケッチをコンピュータにプログラムすると、光の球体が現れる。彼は球体を自由に操作できるようにし、その中に入って飛べることを発見した。3人はガラクタで宇宙船を作り、球体の力で飛行することに成功する。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%BA

【おすすめポイント】

子供の頃に憧れるような夢を映画作品にしたような宇宙映画です。口コミでの人気も高く、皆さん、自分の幼少期の思い出や気持ちを振り返りながらご覧になられたようです。子供のころの宇宙への憧れが、疑似的にでも、自分自身が冒険しているようにも感じられてワクワクしてきます。ファミリー向けの作品として、ご家族で揃って観るのにもおすすめのタイトルです。ひょっとしたら、お子さんが宇宙飛行士を夢見るキッカケになるかもしれませんよ。

27.機動戦士ガンダムF91


www.amazon.co.jp/dp/B004TOB566
―公開年:1991年
―監督 :富野由悠季
―出演 :辻谷耕史, 冬馬由美, 池元小百合, 寺島幹夫, 荘司美代子

【あらすじ】

大きな戦乱も無く平和な世界、人類はその大半が地球から月までの軌道に設置されたスペースコロニーに移住し、地球連邦政府という国家の枠組みを超えた全地球規模の組織に統治されていた。
しかし、長引く平和の間に地球連邦政府は再び腐敗しており、これに対しマイッツァー・ロナは「人の上に立つべき者は、人々の規範となるような高貴な精神を持つ者でなければならない」とする思想「コスモ貴族主義」を掲げ、地球連邦政府の打倒と理想とする貴族主義社会の実現のために、秘密裏に軍事組織 クロスボーン・バンガード(C・V)を設立していた。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A9%9F%E5%8B%95%E6%88%A6%E5%A3%AB%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%A0F91#.E7.89.A9.E8.AA.9E

【おすすめポイント】

言わずと知れた機動戦士ガンダムシリーズの劇場版です。ストーリーにおいても、劇場用のこちらの作品の為に書き下ろされたオリジナルの脚本となっており、これまでのガンダムシリーズを観ていなくても、この映画作品だけで物語が完結しており、宇宙映画として楽しむことができます。ガンダムシリーズならではの人間同士の戦争をテーマとしており、その中で揺れ動く人間関係や生死が見どころです。ガンダムシリーズの入り口としても、おすすめのタイトルとなります。

26.惑星ソラリス


www.amazon.co.jp/dp/B00A3NNIV2
―公開年:1977年
―監督 :アンドレイ・タルコフスキー
―出演 :ナタリア・ボンダルチュク, ドナータス・バニオニス, ユーリー・ヤルヴェト, アナトーリー・ソロニーツィン, ウラジスラフ・ドヴォルジェツキー

【あらすじ】

海と雲に覆われた惑星ソラリスを探索中の宇宙ステーション「プロメテウス」との通信が途切れたことから、心理学者のクリスは調査のために派遣される。
「プロメテウス」に到着したクリスが目にしたのは、友人の自殺死体、いないはずの人物の痕跡、そして知性を持つ有機体である海が及ぼす、不可解な現象の数々であった。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%83%91%E6%98%9F%E3%82%BD%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%82%B9

【おすすめポイント】

旧ソビエト連邦時代に制作されたロシアの宇宙映画で、一般的に珍しい作品といえるでしょう。その後にアメリカでもリメイクされており、ロシア版とアメリカ版が存在しています。どちらも視聴して、違いを見比べてみるのもおすすめです。口コミでの人気も高く、レビューでの一般的な評価も良い作品となっています。旧ソ連・ロシア映画にピンとこなくても、観ればワクワクと楽しい時間を過ごすことができるでしょう。

25.インデペンデンス・デイ


www.amazon.co.jp/dp/B01D17EFW2
―公開年:1996年
―監督 :ローランド・エメリッヒ
―出演 :ウィル・スミス, ビル・プルマン, ジェフ・ゴールドブラム, メアリー・マクドネル

【あらすじ】

アメリカ独立記念日を控えた7月2日、直径24kmにも及ぶ円盤型の宇宙船(シティ・デストロイヤー)がニューヨーク、ロサンゼルス、ワシントンD.C.などアメリカや世界中の大都市上空に出現した。混乱に陥る中、ホイットモア大統領率いるアメリカ政府は国民の不安を鎮めるべく、宇宙人との交信を試みるが、ケーブルテレビの技師デイヴィッドは衛星通信にノイズとして隠されていた信号が宇宙人同士の攻撃指令であることを察知する。デイヴィッドは離婚した妻でホワイトハウス首席報道官コニーの助力を得てホイットモアと会見し、それを伝えるも、アメリカ政府が彼らが侵略者であることを理解した時には既に遅く、宇宙船の主砲により主要な大都市は破壊され、廃墟と化してしまう。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%9A%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%87%E3%82%A4#.E3.81.82.E3.82.89.E3.81.99.E3.81.98

【おすすめポイント】

壮大なスケールで描かれる、アメリカ制作のアメリカ映画らしいおすすめ宇宙映画となります。宇宙人の侵略から防戦するかたちとなっており、宇宙人の優れた科学技術との戦いは本編の大きな見どころです。できることなら、大きなテレビ・画面で、音響にもこだわって観ることをおすすめします。半端じゃない臨場感を味わうことができるはずです。名作映画として、映画史上に語り継がれていくタイトルなのは間違いありません。

24.猿の惑星


www.amazon.co.jp/dp/B0083RQGD2
―公開年:1968年
―監督 :フランクリン・J・シャフナー
―出演 :チャールトン・ヘストン, モーリス・エバンス, キム・ハンター, ロディ・マクドウォール

【あらすじ】

ケネディ宇宙センターから打ち上げられた一隻の宇宙船が、4人の宇宙飛行士を乗せた長い宇宙飛行を続け、今まさに地球への帰還を目指していた。他の3人はすでに人工冬眠装置によって眠りについており、船長のテイラー(チャールトン・ヘストン)は出発からおよそ6か月が過ぎて、船内時間が1972年7月14日であることを確認し、準光速航行の物理理論に従えば、今頃地球は西暦2673年頃になっているはずだと語りながら、睡眠薬を自ら注射して冬眠状態に入った。それからどれだけの時間が過ぎていったか…。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8C%BF%E3%81%AE%E6%83%91%E6%98%9F_(%E6%98%A0%E7%94%BB)

【おすすめポイント】

イタリアの小説を原作として、アメリカで映像化された宇宙映画です。そのタイトルは有名でご存知の方も多いはず。非常に人気の高かった作品で続々とシリーズ化され、続編の映画が制作されました。シリーズ全てを観ると相当に時間がかかりますが、観始めてしまうと面白さから次々に観たくなってしまいます。サルの宇宙人を描きながら惑星そのものの真実が明かされていき、驚きの結末に、おすすめする方にも力が入ってしまう作品です。

1 2 3 4 5

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

muudの最新情報をお届けします!

このまとめのキュレーター

さん

まとめの内容について運営スタッフへ報告

MUUD[ムード]ムードのあるライフスタイルを。