社会現象にまでなった漫画TOP10!絶対読むべきオススメの傑作を厳選

更新日: 2017年2月14日

さん

漫画を普段読まない方でも、漫画のドラマ化や映画化などでその漫画の存在を知ることってよくありますよね。こちらの記事では社会現象にまでなり、誰もが一度は耳にしたことがあるであろう漫画を厳選してご紹介していきます。読んだほうがいいこと間違いなしの作品ばかりです。

漫画とは日本を代表するカルチャーの一つです。その影響力はメディアのみならず、その漫画を読んだ人の心にまで響く作品が数多く存在しています。こちらの記事では多くの人の心を掴み、社会現象までも引き起こした作品を10作品ご紹介していきたいと思います。これからご紹介する漫画を読んだことがない方は、ぜひ読んでみることをおすすめします。漫画を読み終えたあとあなたの心を魅了する何かが見つかること間違いありません。

1 デスノート

www.amazon.co.jp/dp/4088736214

連載時期:2003年12月~2006年5月
作者:大場つぐみ 作画:小畑健
主な登場キャラクター:夜神月、L、弥海砂

あらすじ

高校生の主人公、夜神月が下校途中に見つけた謎のノート「DEATH NOTE」。そのノートに名前を書かれた者は死を操られてしまうという。このノートを使って新世界を作ることを目指した夜神月の前とそれを阻止する男、L(エル)の壮絶な戦いの物語。

おすすめポイント

こちらの作品は映画化やドラマ化、さらには舞台化もされ社会現象になり、読むことを強くおすすめしたい作品ののひとつです。主人公の夜神月はDEATH NOTEを使って犯罪者を自らの手で裁き、新世界を作ろうとします。月の存在を突き止めその行為を阻止すべく捜査を依頼されたL。この二人の超頭脳派戦は漫画を読める手を止められなくなるほど、ハラハラとさせられる場面です。正義とは何か。夜神月の屈折した正義にあなたは賛同できますか。ぜひ読んでみてはいかがでしょうか。

 

2 闇金ウシジマくん

www.amazon.co.jp/dp/4091873413

連載時期:2004年~現在
作者:真鍋昌平
主な登場キャラクター:丑嶋馨、柄崎貴明、加納晃司

あらすじ

闇金融の世界に身を置く主人公の丑嶋馨。彼が設立した金融会社である「カウカウファイナス」には、他の金融会社ではもうカネを借りられなくなってしまった人々が訪れる。10日5割の暴利など、容赦ない取り立てに裏社会の闇が垣間見れる社会派漫画。

おすすめポイント

主人公の丑嶋馨はスピリッツ誌の「悪役キングコンテスト」でランキング1位を獲得するほどの悪役ぶり。そのアウトローな取り立ては、リアルではないものの思わず鳥肌が立ちそうです。ドラマ化され社会現象になったこの作品。闇金融という知っているようで知らない裏社会の姿をこの漫画を通して追体験するのも刺激があっておすすめの青年漫画です。

3 ONE PIECE

www.amazon.co.jp/dp/4088725093

連載時期:1997年~
作者:尾田栄一郎
主な登場キャラクター:モンキー・D・ルフィ、ロロノア・ゾロ、ナミ

あらすじ

幼い頃に食べるとゴム人間になってしまう”ゴムゴムの実”を食べてゴム人間になってしまった主人公モンキー・D・ルフィ。成長した彼は、立派な海賊になることを心に誓う。かつての海賊王が残した「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」をめぐる大海賊時代の中、旅に出て仲間を増やしながら、その仲間の絆に支えられて海賊王を目指していく物語。

おすすめポイント

日本漫画の代表と言っても過言ではなく、その人気は社会現象を巻き起こすほどです。おすすめする以外にない作品です。海賊王を目指して仲間と旅をする主人公のモンキー・D・ルフィ。旅の途中では様々な出来事、出会いと別れ、感動や怒りなどこの作品からは読む人を物語の中に引き込ませその感情を素直に出させてしまう、そんな魅力も持っています。だからこそ、多くの人に愛される日本を代表する作品なんですね。

4 進撃の巨人

www.amazon.co.jp/dp/B009KYC6S6

連載時期:2009年~
作者:諌山創
主な登場キャラクター:エレン・イエーガー、ミカサ・アッカーマン、アルミン・アルレルト

あらすじ

巨大な壁に囲まれながら生活をする人類。その理由は”巨人”と呼ばれる人間を餌にする不気味な生物の存在であった。ある日、壁で守られてきた人類の生活が、壁を超える巨大な巨人の出現により脅かされる。巨人に立ち向かうことを心に誓った主人公のエレン・イエーガーたち人類と巨人の壮絶な戦いの物語。

おすすめポイント

何と言ってもその迫力がこの漫画のおすすめポイントです。ストーリ、画全てから伝わってくる力強さから、アニメ、映画化し社会現象になったのも納得です。読み始めたら離してくれないその作画やストーリー展開に、あなたも虜になってしまうかもしれません。小学生から社会人、男性も女性もハラハラドキドキ、思わず体に力が入ってしまうそんな作品です。

 

5 ジョジョの奇妙な冒険

www.amazon.co.jp/dp/4088511263

連載時期:1987年~2004年(週刊少年ジャンプ)、2005年~(ウルトラジャンプ)
作者:荒木飛呂彦
主な登場キャラクター:ジョジョ、ディオ・ブランンドー

あらすじ

ジョジョとディオ、長きにわたる宿命の闘いの物語。その闘いは19世紀末イギリスのジョナサン・ジョースターとディオ・ブランド-から始まる。代々受け継がれるこの戦いは波紋、スタンドと形を変えて徐々にヒートアップしていき、舞台もイギリスからアメリカ、エジプト、日本など時代と場所を超えた壮絶な戦い。

おすすめポイント

1部から現在、8部まで発表されている、長編漫画です。それぞれの部ではその時代のジョジョたちが熱い戦いを繰り広げており、その白熱したシーン展開は読み手をも熱くさせます。どの時代のジョジョも、基本は強く真が通った性格をしているのですが、それぞれ見た目も性格も異なっているのでどのジョジョが好きか読みながら考えるのもおすすめです。「ジョジョ立ち」といった作中の登場人物の立ち方の真似をする人たちも出てきて、社会現象にもなりました。長編なのでなかなか読み始めるのも難しいですがこの漫画の魅力は読んでこそ伝わると思うので、ぜひ少しずつでも読んでみてはいかがでしょうか。

 

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

muudの最新情報をお届けします!

このまとめのキュレーター

さん

まとめの内容について運営スタッフへ報告

MUUD[ムード]ムードのあるライフスタイルを。