大人だからこそ読むべき傑作まとめ!人気のおすすめ青年漫画30選

更新日: 2017年2月12日

さん

よりリアルに、本格的に描かれた作品を中心に、大人にこそ読んでほしいおすすめの青年漫画を選んで紹介しています。昔読んだことがある作品も、大人になって読み返すとまた違った角度から楽しめるかもしれないですね。

漫画は子どもが読むものと思っている方も中にはいるかもしれませんが、大人向けの2017漫画はアニメ化・ドラマ化されているものが数多く読み応えがあるのが特徴です。いわゆる青年漫画のジャンルに分類される作品には名作が多いので、名前だけを知っている作品が多いという方も多いのではないでしょうか。今回は大人が読んでおもしろい、おすすめ漫画をご紹介します。機会があればぜひ読んでみて下さいね!きっと夢中になって読んでしまうはずですよ。

1. 獣の奏者

www.amazon.co.jp/dp/4063731766

連載時期:2006年~2009年
作者:上橋菜穂子
主な登場キャラクター:エリン、イアル、ジェシ

【あらすじ】

エレンが母と暮らす世界では「闘蛇」と呼ばれる生き物を戦闘用に守って飼育してきた。母が不思議な笛によって闘蛇を操っていたが、ある日その闘蛇が全滅してしまう事件が!エレンには気にかかる事があったが、母に固く口留めされてしまう。闘蛇を全滅してしまった責任を問われる母だったが…。

【おすすめポイント】

架空の世界で起こった物語を綴ったファンタジーですが、登場人物の想いが鮮明に描かれていることで大人が読んでも面白いと感じられる漫画になっています。青年漫画としてもおすすめです。ファンタジーの世界観が苦手なという方でも自然にのめり込んでしまう面白さがあるのが最大の魅力で、エレンを通して見るこの物語の世界が実に興味深く描かれています。

2. 神の雫

www.amazon.co.jp/dp/4063724220

連載時期:2004年~2014年
作者:亜樹直・オキモト・シュウ
主な登場キャラクター:神咲雫、紫野原雅

【あらすじ】

ワインを愛する雅が働く店にやってきた面倒な客を一瞬にして黙らせてしまった神咲雫。ワインを嫌うはずの彼が見せたデキャンタージュに一瞬にして虜になってしまう。彼こそがワインの業界では知らない人がいない評論家の息子であることを知るが…。父である神崎豊多香が亡くなったことにより雫の人生が変わる。

【おすすめポイント】

ワインに興味がない人でも読めばワインを口にしたくなるほどの豊かな表現力が魅力のコミック。ワインの知識だけでなく、味をも感じさせてくれる漫画はまさに大人に読んでほしい青年漫画です。今までワインが苦手だった方も「神の雫」を読むことでワインの奥深さを知ることができますよ。アルコール好きな方におすすめしたい作品です。

3. テルマエ・ロマエ

www.amazon.co.jp/dp/4047261270

連載時期:2008年~2013年
作者:ヤマザキマリ

主な登場キャラクター:ルシウス・モデストゥス、ハドリアヌス、小達さつき

■【あらすじ】

公衆浴場のデザインを手がけるルシウスは悩んでいた。自分の理想とする浴場が作れず、上から勝手な言い分ばかり聞かされうんざりしていた気分を落ち着けようといつものように風呂に出かけるが、そこで奇妙な物を見つける。妙な排水溝に吸い込まれて出てきた場所は、なぜか現代の日本の銭湯だった…!

【おすすめポイント】

古代ローマと現代の日本のお風呂をテーマに描かれたコメディ色の強い青年向け漫画です。主人公ルシウスが日本のお風呂を元に古代に戻って大衆浴場を手掛ける話ですが、所々に笑えるシーンがちりばめられていて最後まで一気に読めてしまうこと間違いなしのおすすめ作品。映画で実写化もされたことで認知度も非常に高い漫画です。コミックでもぜひ読んでみてはいかがでしょうか。

4. アゴなしゲンとオレ物語

www.amazon.co.jp/dp/4063367916

連載時期:1998年~2009年
作者:平本アキラ
主な登場キャラクター:ゲン、ケンヂ、月形、ちいちゃん

【あらすじ】

トラック運転会社を経営しているゲンは少し気持ちが悪い容姿にバカげた発言で唯一の社員ケンヂからも下に見られる存在。なんだかんだ言いつつ会社を辞められず今日もバカげたゲンさんに安給料で雇われつつ仕事をこなす日々。そんなケンヂもかなりとぼけた存在なのだった。

【おすすめポイント】

子供には読ませたくない、ちょっと下品な表現やギャグで密かに人気のあった青年向け漫画。何も考えずバカな話で笑いたい!という方におすすめです。作画がまったく違うと思うかもしれませんが、「監獄学園」の作者が描いたコメディ漫画なんですよ。1巻を読むとなぜかどんどん引き込まれていってしまう不思議な面白さがあります。手に取ってみてはいかがでしょうか?

5. さくらん

www.amazon.co.jp/dp/4063348296

連載時期:2003年
作者:安野モヨコ
主な登場キャラクター:きよ葉、高尾、三雲、

【あらすじ】

江戸時代の吉原に住むきよ葉は気血が悪く喧嘩っ早い性格で手の付けられない遊女。そんな性格ながら器量の良さでなかなかの人気を誇ってはいたが、世の中すべてに嫌気がさす日々。元々足を踏み入れてしまったら出られる者はほとんどいない吉原で、強くたくましく・そして悲しく生きていく物語。

【おすすめポイント】

青年漫画というよりも、男女問わず大人におすすめしたい漫画の一つ。人気作品のゆえ、映画化もされていたので目にした事ある方も多いのではないでしょうか?吉原で暮らす遊女・おいらんの悲しい運命を、ただ嘆くのではなく逞しく抜け出そうともがく主人公の行動力も魅力的に描かれています。吉原のきらびやかさを美麗な絵柄で描いてありますよ。

6. 深夜食堂

www.amazon.co.jp/dp/4091817076

連載時期:2006年~
作者:安倍夜郎
主な登場キャラクター:マスター、ゲン、剣崎龍、マリリン松嶋

【あらすじ】

深夜12時から朝の7時が営業時間の食堂には、様々な人がやってきて好きな料理を注文する。メニューはほんの数品だけ。客が食べたいものを注文して、材料があれば何でも出してくれるのがこの店の良い所だ。深夜であるがゆえにちょっと訳ありなお客が今日も遅い時間にお店の戸を開く…。

【おすすめポイント】

どんな料理が出てくるのか?ワクワクしながら読めるますが、登場人物がちょっと訳ありだったり思い入れのある料理を頼んだり、人の人生を楽しめるのが面白い所!だいたいは普通の食堂ではお目にかかれない一般家庭でよく食べられる一品なのだが、それをあえて食堂で食べられるというのがこの食堂の魅力。大人にこそ読んでほしいおすすめの青年向け漫画です。

7. コウノドリ

www.amazon.co.jp/dp/4063872270

連載時期:2012年~
作者:鈴ノ木ユウ
主な登場キャラクター:鴻鳥サクラ、下屋カエ、小松ルミ子

【あらすじ】

産婦人科で働く医師として、密かにピアニストとしても活躍する主人公のサクラ。児童養護施設で育った過去のあるサクラは、昨今ニュースで話題の未受診のまま出産を迎える妊婦にも厳しく温かく対応している。命が生まれる現場でもある産婦人科では数々の人間ドラマが垣間見れる。

【おすすめポイント】

青年漫画という枠を超えて全ての年代におすすめしたい、命の大切さを考えさせる作品です。患者一人一人によって話はそこまで長くはないのですが、泣けるシーンや感動するシーンが多く色々な感情を呼び起こしてくれます。命が誕生するということはそれだけたくさんの物語があるという事実。ドラマ化もされた人気作品なので、コミックでも読んでみてはいかがでしょうか?

1 2 3 4 5

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

muudの最新情報をお届けします!

このまとめのキュレーター

さん

まとめの内容について運営スタッフへ報告

MUUD[ムード]ムードのあるライフスタイルを。