大人だからこそ読むべき傑作まとめ!人気のおすすめ青年漫画30選

更新日: 2017年2月12日

さん

よりリアルに、本格的に描かれた作品を中心に、大人にこそ読んでほしいおすすめの青年漫画を選んで紹介しています。昔読んだことがある作品も、大人になって読み返すとまた違った角度から楽しめるかもしれないですね。

15. 進撃の巨人

www.amazon.co.jp/dp/4063842762

連載時期:2009年~
作者:諫山創
主な登場キャラクター:エレン・イェーガー、ミカサ・アッカーマン、アルミン・アルレルト

【あらすじ】

高い壁に守られたわずかな世界で暮らす人類が恐れているのは、人間を食べつくす巨人!外の世界に憧れを抱くエレン・アルミン・ミカサは調査兵団に入団し巨人を駆逐する側になるが、エレンが巨人化してしまう。巨人の正体は人類だったのか?謎に包まれた世界を紐解いていく。

【おすすめポイント】

今や、人気ゆえに知らない人はいないと言ってもいい漫画。巨人に食べられるという奇想天外な発想がおもしろく、アニメ化やコラボも多数行われている未だに話題に作品ですね。自分たちよりも数倍大きな巨人に立ち向かっていく姿・バトルシーンもおすすめ!子供から青年・大人まで幅広く引き込まれるストーリーは、ついつい一気に読んでしまいたくなるはず。BL要素があるということもり、一部の女性からも絶大な支持を得ています。

16. 進撃の巨人ー悔いなき選択ー

www.amazon.co.jp/dp/4063769615

連載時期:2013年~2014年
作者:漫画・駿河 ヒカル、原作・諫山創、砂阿久 雁
主な登場キャラクター:リヴァイ、エルヴィン・スミス

【あらすじ】

既に壁に囲まれた生活を強いられている人類。外の世界には巨人がうろつき、壁の中の世界も自由ではない。そんな壁の中のスラム街に暮らすリヴァイはある日、調査兵団に入ることエルヴィンから提案されることに。巨人と闘う調査兵団に入団することになったリヴァイだが…。

【おすすめポイント】

少年・青年向けの漫画としても高い人気を誇る「進撃の巨人」の外伝的な作品。「進撃の巨人」の主人公エレンと並ぶほど人気のキャラクター、リヴァイが調査兵団に入る前からを描いてあるのでファンにはたまらない1冊です。人類最強とも呼ばれるリヴァイはエレンと出会う前、どのような人物だったのか?進撃の巨人ファンには読んでほしいおすすめの漫画です。

17. キングダム

www.amazon.co.jp/dp/408877079X

連載時期:2006年~
作者:原泰久
主な登場キャラクター:信、漂

【あらすじ】

紀元前「秦」では歴史的にも有名な春秋戦国時代とよばれ、戦いに荒れ果てた時代。戦争孤児である少年「信」と「漂」は理不尽ながらも不条理な環境で生きていくことになる。そんな二人は戦いの腕前を見込まれ、なぜか漂だけが王宮で働くことになり離れ離れになってしまう。

【おすすめポイント】

秦の戦乱の世を逞しく生き抜くストーリーは大人こそ読むべき深い内容で虜にされること間違いなし!青年漫画としてもおすすめの作品です。歴史的な要素を盛り込みつつ、内容が濃いので青年漫画とはこういうものだ!というのをヒシヒシと感じさせてくれるはず。1巻から怒涛の展開なので、読んでしまうと止まらなくなってしまうこと間違いなしです。

18. タッチ

www.amazon.co.jp/dp/4091240461

連載時期:1981年~1986年
作者:あだち充
主な登場キャラクター:上杉達也、上杉和也、浅倉南

【あらすじ】

できのいい弟和也と、どこかたよりない兄達也は双子の兄弟。隣に住む幼馴染の朝倉南と3人で過ごす時間が多かったが、夢の甲子園に行く途中和也が交通事故で亡くなってしまう。和也の代わりに南を甲子園につれていくと決意し、達也は野球部に入団するのだが…。

【おすすめポイント】

野球漫画でありながら、男女共に人気の青年漫画として今なお名作として語り継がれている作品です。野球に詳しくない方にも自信を持っておすすめできるのがこちらの漫画の魅力であり、胸キュンシーンも伝説になっているほど。数多くのアニメランキングでも紹介されることが多いので、まだ詳しい内容は知らないという方はこの機会に読んでみてはいかがでしょうか?

19. 人間交差点ーHUMAN SCRAMBLEー

www.amazon.co.jp/dp/4091803911

連載時期:1980年~1990年
作者:漫画・弘兼憲史、原作・矢島正雄
主な登場キャラクター:松沢

【あらすじ】

一話で完結する短めのストーリーが特徴。主人公が毎回違う、あくまで一話完結。人間の生き様を描いたちょっと心が切なくなるストーリーが多く、大人からの支持が高い作品です。殺人事件や自殺など、取り上げられる事件も真実味が感じられます。

【おすすめポイント】

一人の人間の人生を事件と共に読み進めていく展開ですが、話自体は短めなので読みやすいおすすめ作品です。青年というか大人全般に読んでほしい漫画。人間の感情や行動がリアルなのが見どころです。価値観や見方は人それぞれかもしれませんが、読むと何か胸に残って記憶から離れなくなってしまうのが特徴。1巻からでなくとも読めるので、見つけたら手に取ってみてはいかがでしょうか?

20. 食糧人類

www.amazon.co.jp/dp/4063828557

連載時期:2006年(発売年)~
作者:漫画・イナベカズ、原作・蔵石ユウ 、
主な登場キャラクター:伊江、カズ

【あらすじ】

異常気象でおかしくなってきた日本。高校生の伊江は友人のカズとバスに乗っていたところ急に意識を失ってしまう。目を覚ました場所は人間を食料のように解体をする工場で…。ここは一体どこなのか?なぜこんなことが行われているのか?何もわからないまま脱出を試みる。

【おすすめポイント】

人間が食料となる異常な世界が舞台になった漫画。グロシーンが多いので、少年というよりは青年漫画に分類されるのではないでしょうか?食べる目的で太らされる人間や、解体されていく姿はグロやホラーが苦手な方には抵抗があるかもしれません。何が行われているのか、この世界の全貌が気になるというミステリー好きな方にはおすすめしたい作品になっていますよ。

21. ドラゴン桜

www.amazon.co.jp/dp/4063289095

連載時期:2003年~2007年
作者:三田紀房
主な登場キャラクター:桜木健二、井野真々子、芥山龍三郎

【あらすじ】

倒産の危機に陥った龍山高校にやってきたのは、異色の弁護士である桜木健二。彼は過去に暴走族の経験もあるクセのある人物だった!そんな桜木が打ちだした案は、落ちこぼれの学校から「5年後に東大合格者を100名出す」というとんでもないもの。果たして合格者は出せるのか…!?

【おすすめポイント】

超難関と言われる東大に合格するという目的で始まるとんでもないストーリー。落ちこぼればかりの学校から本当に合格者を出せるのか?という事だけでなく、この桜木が教えてる勉強法が話題となった青年漫画です。受験生は一度読んでみると、勉強の楽しさにハマってしまうかもしれないおすすめの作品。もちろん大人が読んでも十二分に楽しめますよ。

1 2 3 4 5

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

muudの最新情報をお届けします!

このまとめのキュレーター

さん

まとめの内容について運営スタッフへ報告

MUUD[ムード]ムードのあるライフスタイルを。