絶対幸せな気分になれる!ハッピーエンドのおすすめ映画10選

更新日: 2017年3月6日

さん

世界には様々な映画があり、その結末も様々です。バッドエンドもあれば切ない結末もありますよね。みなさんはどんな結末が好きですか?悲しいもの、笑えるもの、泣けるもの、数多くの結末がありますが、今日はハッピーエンドな結末のおすすめ映画10選を紹介します。

映画には始まりと終わりが必ずあります。始まり方と終わり方は様々。納得いかないようなバッドエンドや逆に納得のバッドエンド。ハッピーエンドも笑って迎えられる物もあれば、涙を浮かべて迎える物もあります。もちろん、ハッピーでも、バッドでも無い、続編を匂わせるような終わり方もあれば、これで終わり?と疑問に思うような終わり方も。それに古い映画も最新の映画も関係はありませんよね。世界には様々な映画があり、その結末も数多くあります。そんな数多くの終わり方の中から、今日はハッピーエンドで終わる、おすすめの映画10選をご紹介しますね。

1. 恋愛小説家 (原題 As Good as It Gets)


https://www.amazon.co.jp/dp/B004E2YUJC

公開年:1997年
監督:ジェームズ・L・ブルックス
出演:ジャック・ニコルソン、ヘレン・ハント

【あらすじ】

変わり者で通っている恋愛小説家メルビン。隣室のゲイ、サイモンの飼い犬を預かったことから何かが変わり始める。やがて馴染みのウェイトレス、キャロルへの愛に気づき……。
http://cinema.pia.co.jp/title/s-2009

【おすすめポイント】

こちらの映画は1997年に公開された映画ですが、ゴールデン・グローブ賞で主要3部門を受賞するなど非常に高い評価を得ている作品です。ストーリーは偏屈で毒舌な小説家が行きつけのレストランで働くウェイトレスに恋をして、次第に打ち解けていくというものですよ。はじめは小説家の毒舌具合や偏屈さに嫌気が差しますが、映画を見ていくと次第に彼を応援したくなります。それは、素直になれないメルヴィンの持つ性根の優しさ、それが分かってくるから。そしてウェイトレスのキャロルとの関係がもどかしくも微笑ましく、好きな子に素直になれない男のジレンマを伺わせます。彼らを演じたジャック・ニコルソンとヘレン・ハントは本作で共に主演男優賞、主演女優賞を受賞しているように、その演技は演技らしさの無い、自然体で実に見事ですよ。最後は想いを通わせるハッピーエンド、おすすめの名作です。

 

2. 幸せの教室 (原題 Larry Crowne)


https://www.amazon.co.jp/dp/B007UL314Y

公開年:2011年
監督:トム・ハンクス
出演:トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ、ブライアン・クランストン

【あらすじ】

地元の大型スーパーで同僚や常連客からも慕われていたベテラン従業員のラリー・クラウンは、ある日突然、大卒ではないという理由で解雇されてしまう。心機一転して地元の大学に入学したラリーは、いつしか教えることの情熱を忘れてしまった美人教師のメルセデスと出会う。
http://eiga.com/movie/56821/

【おすすめポイント】

こちらの映画は主演俳優のトム・ハンクスが共同監督、共同脚本も勤め、2011年に公開された作品です。ストーリーはリストラにあった男性と、情熱を失った女教師の日常を描いていますよ。日常を描いている為、特に派手なシーンや感情に叩きつけるような衝撃シーンといったものはありませんが、その分気楽に楽しめる作品で、上映時間も約100分と長すぎもせず短すぎもしないほどよさ。中年になってやり直すキャンパス生活は若々しい刺激に溢れ、新しい出会いや知識に溢れています。それは人生を半分以上過ごしていても、いつでも新しい人生をやり直せるかのようですよ。最後は新しい道を見つけてのハッピーエンド、中高年向けにおすすめの作品です。

 

3. 50回目のファースト・キス (原題 50 First Dates)


https://www.amazon.co.jp/dp/B00PXKWZGE

公開年:2004年
監督:ピーター・シーガル
出演:アダム・サンドラー、ドリュー・バリモア

【あらすじ】

行きつけのカフェ、フキラウ・カフェで朝食をとるルーシーに、男が声をかけてきた。シーライフ・パークで動物たちの面倒を見るプレイボーイの獣医ヘンリーだ。ルーシーの大好きなワッフルや海洋生物について話すうち意気投合した2人は、翌朝もカフェで一緒に朝食を食べようと約束する。翌日、ルーシーの前に約束通りヘンリーが現れるが、彼女はなぜか冷たい態度をとって他人のふり。混乱するヘンリーに、カフェのオーナーがルーシーの抱える病気について教えてくれた。1年前の10月、ルーシーは交通事故に遭い、その後遺症で記憶障害になってしまったのだ。
http://eiga.com/movie/52562/

【おすすめポイント】

こちらの映画は2004年に公開された作品で、初登場で全米1位を記録した作品です。ストーリーは記憶障害の女性と、彼女にアタックを続け一途な愛を貫く男性との恋の行方を描いたラブストーリー。一夜限りの愛を楽しむヘンリーがただ1人の女性を愛してしまう。しかし、その相手は一晩で全てを忘れてしまう記憶障害を抱えていた。それでも諦められないヘンリーが恋の障害を乗り越える為に様々な工夫をする姿は、本当の愛を知った男で、元がプレイボーイだったなんて思えないほどです。本作のジャンルはロマンティックコメディですが、まさにロマンティックですよ。最後にはしっかりと感動のハッピーエンド、片思いをしている人やカップルにおすすめです。

 

4. ウェディング・シンガー (原題 The Wedding Singer)


https://www.amazon.co.jp/dp/B0042T42GI

公開年:1998年
監督:フランク・コラチ
出演:アダム・サンドラー、ドリュー・バリモア

【あらすじ】

ウェディング・シンガーのロビーは結婚式の当日に花嫁に逃げられ、失意のどん底。一方、ウェイトレスのジュリアは結婚式を控えてマリッジ・ブルー気味。二人は友達として意気投合するが、ロビーがジュリアの相談に乗るうち、互いに友情を超えた思いが芽生える。
http://eiga.com/movie/42600/

【おすすめポイント】

こちらの映画は1998年公開した作品で、人気の有名番組サタデー・ナイト・ライブ出身のコメディアンを主演に迎えて大ヒットした映画です。ストーリーは結婚相手に去られてしまった男性と、それを励ます女性の友情から始まった愛の物語ですよ。ロビーとジュリアの2人が共に居る時、笑い合う時など、つい2人を応援したくなるような、惹かれ合っているんだとわかる雰囲気が感じられ、アダム・サンドラーとドリュー・バリモアの演技が冴えています。1980年代を舞台としている為、当時の流行などを知っていなければちょっとした笑い所は見逃してしまうかも知れませんが、それを差し引いても良い映画ですよ。最後にハッピーエンドとなる、B級映画でも上位に位置するだろうおすすめの映画です。

 

5. ラブ・アクチュアリー (原題 Love Actually)


https://www.amazon.co.jp/dp/B00W1ENMNU

公開年:2003年
監督:リチャード・カーティス
出演:ヒュー・グラント、リーアム・ニーソン、コリン・ファース

【あらすじ】

12月のロンドン、人々は幸せなクリスマスを迎えようと、ささやかな夢を胸に毎日を過ごしていた。秘書に恋をした英国首相、義理の息子との関係に悩む父親、ポルトガル人のメイドと恋に落ちる小説家、夫の浮気に気付き、悶々とした日々を過ごす熟年の主婦、親友の恋人に思いをよせる新進画家、新曲のクリスマスソングに起死回生を賭ける元ロックスター――。クリスマスに人生のクライマックスを迎えることを、誰もが願っていた。そしてイブの夜、全てのドラマが、ハッピーエンドに向かって動き始めた。
http://cinema.pia.co.jp/title/s-4085

【おすすめポイント】

こちらの映画はクリスマスのロンドンを舞台として、19人の男女の様々なラブストーリーを描き、2003年に公開された作品です。クリスマス映画の傑作と呼ぶ声もある本作は、主人公にあたる存在がなく、複数の物語が同時に進む群像劇的な映画ですよ。そのため本作は9つのストーリーが入り交じり一つ一つは短いものになっています。しかし、短いからといって薄いわけではありません。それぞれのストーリーは切なく、それでいて面白く、最後には幸せな気持ちでハッピーエンド。 演技もとても魅力的な作品でおすすめです。ちなみに、本作のタイトルは冒頭に入るナレーション、「love actually is all around」のはじめの2語をとったもので、意味は「愛は実はいたるところにある」となりますよ。このナレーションは名言だと思いませんか。

 

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

muudの最新情報をお届けします!

このまとめのキュレーター

さん

まとめの内容について運営スタッフへ報告

MUUD[ムード]ムードのあるライフスタイルを。