歴史を学べてオススメ!江戸時代がテーマの人気漫画10選

更新日: 2017年2月8日

さん

様々なジャンルがある漫画の中でも、江戸時代が舞台になった歴史漫画を紹介しています。江戸の町を舞台に描かれたストーリーはどれも華やかで魅力的ですが、とくにおすすめの作品のみを選んでいます。ぜひ読んでみて下さいね。

漫画は全世代から人気だとは思いますが、ちょっと特殊なのは時代物・歴史物のジャンル。小説やドラマの方が好きという方でも手に取りやすいのがこういったジャンルの漫画です。中には勉強になるからと読んでみる方もいますよね?今回は時代物の中でも江戸時代が舞台になったおすすめの漫画をご紹介します。江戸時代は庶民の文化も大いに花開いた時代で、漫画の舞台としても面白く興味深い作品が多いですよ。難しく考えずにちょっと読んでみるだけでもハマってしまうかもしれませんね。

1 バジリスク 〜甲賀忍法帖〜

www.amazon.co.jp/dp/4063461971

連載時期:2003年~2004年
作者:漫画・せがわまさき、原作・山田風太郎
主な登場キャラクター:甲賀弦之助、朧、服部半蔵、夜叉丸

【あらすじ】

世は江戸時代、徳川家が納める日本で新たなる戦いが始まる。徳川家康は次の世継ぎを決める手段として、甲賀と伊賀を戦わせることに。互いに忍術を操りながらそれぞれの殺し合いが始まるが、敵対しながらも愛し合う者達もいた。果たして最後に生き残るのはどちらか!?

【おすすめポイント】

江戸を舞台にしたおすすめの漫画で、見どころは甲賀・伊賀の忍者が繰り出す忍術。敵対しながらも愛し合う弦之助と朧も恋愛事情からも目が離せません。アクションシーンに迫力があり、それぞれの登場人物の心情も細かい描写があるので男女共に高い人気のある作品です。コミックは5巻で完結していますが、アニメ化もされているのでDVDでも楽しむことができます。

2 猫絵十兵衛御伽草紙

www.amazon.co.jp/dp/4785930764

連載時期:2007年~
作者:永尾まる
主な登場キャラクター:十兵衛、ニタ

【あらすじ】

江戸時代、猫の絵描きをしている十兵衛と相方のニタ。人間の絵は苦手な十兵衛は、猫の絵は大得意。その十兵衛が描いた絵にニタが魂入れをしていく。江戸に住む悩みを持った庶民の元へ今日も1人と1匹が出かけていき、彼らにちょっとした手助けを施していく。

【おすすめポイント】

人間の十兵衛と猫のニタを通して江戸の庶民の生活を見ることができる歴史漫画です。ギャグ漫画ではないものの、ちょっと笑える二人(1人と1匹)のやり取りや、心が温かくなる感動的なストーリーなど、短編で読める話がコミックに収録されています。時間がない時にも1話が短いのですぐに読み終えることができる漫画!癒されたい方にもおすすめのかわいい猫漫画です。

3 鬼平犯科帳

www.amazon.co.jp/dp/4845834006

連載時期:1993年~
作者:漫画・さいとうたかを、原作・池波正太郎
主な登場キャラクター:長谷川平蔵

【あらすじ】

長谷川平蔵は悪を捕まえる事に長けている人物として江戸で名を馳せていた。その厳しさから「鬼の平蔵」として悪人からも一目おかれる存在に。そんな平蔵が活躍する、江戸の捕り物を描いた漫画。漫画だけでなくドラマや小説といて未だに高い人気のある作品です。

【おすすめポイント】

天明7年の江戸が舞台になっている漫画。捕り物をメインにしたストーリーなので、漫画を読んでスカッとしたい!そんな方におすすめの作品です。テレビでも時代劇として有名なので、耳にしたことのある方がほとんどではないでしょうか?こちらは漫画家さいとう・たかをさんの絵で、漫画というジャンルですがものすごくリアルに描かれているのもポイントになっています。さいとうたかをの作品の中でもきっと好きな漫画ランキング上位に入るはず!

4 信長のシェフ

www.amazon.co.jp/dp/4832232614

連載時期:2011年~
作者:漫画・梶川卓郎、原作・西村ミツル
主な登場キャラクター:ケン、夏、織田信長

【あらすじ】

平成からいきなり戦国時代にタイムスリップしてしまったケン。同時に時代を遡ったのはケンだけではなかったが、一人は逃げる途中に矢で撃たれてしまう。何とか逃げ切ったケンは夏に拾われ記憶がない事に気づくが、体だけは料理することを覚えてた!そんな時織田信長に出会い…。

【おすすめポイント】

戦国時代にタイムスリップしたことで記憶がないケン。料理の腕はそのままだった為近所で有名になり、噂を聞きつけた織田信長に見初められ料理番に任命される。江戸時代の少し前・まだ武士が活躍していた時代を舞台にした料理漫画。ケンは生き延びるため、信長に料理を振る舞うというのが序盤。それ以降も歴史要素がたっぷりで読み応えもあるおすすめの作品です。

5 青楼オペラ

www.amazon.co.jp/dp/4091377777

連載時期:2016年(発売年)
作者:桜小路かのこ
主な登場キャラクター:朱音、朝明野花魁、近江屋惣右助

【あらすじ】

遊郭・吉原に自ら足を踏み入れた武家の娘・朱音。目的の為に吉原で一番の花魁を目指す朱音だったが、客引きに出かけた先である人物に声をかけられる。吉原ではかなりの有名人であった近江屋惣右助に目をかけられるようにはなるものの…。朱音は目的を果たすことができるのか?

【おすすめポイント】

江戸といえば遊郭・遊女をテーマにした漫画が多くありますが、この作品は少女漫画雑誌で連載されていたおすすめ作品です。今までの生活とはうって変わって吉原で暮らしていく事を決意した朱音だが、始めは前途多難。それでもくじけることなくどんな無茶な仕事でも引き受ける勝気さが魅力の主人公が見どころです。吉原の生活を学ぶこともできる漫画ですよ。

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

muudの最新情報をお届けします!

このまとめのキュレーター

さん

まとめの内容について運営スタッフへ報告

MUUD[ムード]ムードのあるライフスタイルを。